防音室業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年5月


株式会社リブテック

診断URL:https://www.livtech.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
更新頻度も高く、内容も充実したレベルの高いWeb サイトです。グローバルメニューの 1 番目が 【 リブテックの強み 】 となっており、 3 つの強みとそれを裏付けるコンテンツがしっかり用意されていて好感が持てます。「施工実績」や「建築現場公開中」の件数を見れば「実績」についての信憑性もありますし、 【 用途別防音室・価格 】 から概算の予算感もわかります。 【 ピアノ防音室・防音工事 】 では遮音の等級一覧や他社との使用の比較表もあり、貴社だからこそ頼みたいと思わせるような仕掛けが満載です。「全国対応」の文字も目出ち、施工済みの地域も一目でわかり安心感を得られます。あまり言うこともないのですが、トップのメインビジュアルで 新社屋ショールーム ニューオープン”を大々的に謳われています。 「ショールームのご案内」 もありますが、お問い合わせフォームは一種類しかありません。ショールーム専用の申し込みフォームを用意されることをオススメします。



株式会社ホームオリジナリティー

診断URL:https://home-ori.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
パッと見て何をやっている会社か分かるのは好印象ですが、今一つ特長が伝わってきませんでした。激安防音ルームが貴社の強みなら、なぜ激安が実現できるのか?しっかり説明があるとユーザーの関心度も上がり競合との差別化ができると思います。またサイトの所々にユーザー視点の配慮が足りないと感じる箇所がありました。例えばグローバルメニューの 【 施工事例 】は製品別と施工場所に分かれていますが、同じページが表示され違和感を感じました。一つにまとめて検索条件でフィルタリングできる方が使い勝手が良いでしょう。また製品別の分類は製品を知っていることが前提のため新規ユーザーには向いていません。どのユーザーにも選択しやすいお悩み別の方が共感を得られるでしょう。次にショールームの情報がグローバルメ ニューになく、簡素な説明しか載っていないのももったいないです。ユーザーが実際に性能を体験でき商談へと繋がる重要な部分なので、営業活動と連携し有効活用されることをオススメ いたします。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/