屋根散水システム業界 Webサイト診断

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2020年11月


株式会社カーネル

診断URL:https://www.yanecool.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
全自動屋根散水冷却システム「屋根クール」のランディングページです。文字の視認性も良く、 ストーリーもしっかりと作りこまれていて、初めてサイトを訪れたユーザーにも分かりやすい と思います。気になった点ですが、ストーリーを読み進めていくと “導入のしやすさ No.1” “ 管 理のしやすさ No.1” というフレーズが見受けられます。いずれも「 当社調べ」となっていま すが、調べた結果はどこにも記載されていません。 No.1 を謳うからには他社と比較した実証 データや比較表など信頼を得られるような裏付けが必要です。グローバルメニューの 【 屋根 クールとは 】【 施工事例 】 をクリックしても、トップ画像から何も変化がないのも気になりま す。アンカーを使用して該当コンテンツのトップに飛ばすようにしましょう。また、せっかく の 【 施工事例 】 も会社名・業種・地域・施工写真のみではもったいないです。実際に導入され たお客様の声なども組み合わせても良いかもしれません。最後に会社概要が 404 エラーになって おり、表示できませんでした。早急に対応されたほうがよいでしょう。



三光産業株式会社

診断URL:http://sprinkler.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
かなり古いつくりのWeb サイトです。それ自体は悪いことではないのですが、古さゆえのユー ザビリティの悪さで見てほしいコンテンツを見てもらえていない可能性が高いと感じました。 丁寧で好感がもてるコンテンツも多いだけにもったいないです。「よく見ると良いコンテン ツ」はユーザーには届いていないと考えた方が無難でしょう。それからメンテナンスが行き届 いていないことも気になります。例えば
【 メディア実績 】 (http://sprinkler.jp/syuzai-tv.html )は掲載されている CM 動画が非公開に なっており見られません。また、このページの 【 HOME 】 からトップに戻ろうとすると 404 エラーになってしまっています。他にもリンク切れになっている箇所がいくつかありました。更新履歴もなく、今のままでは何年も放置されているのかな?と誤解されかねません。見やすい Web サイトにすることは管理のしやすさにも繋がります。そろそろリニューアルの時期ではないでしょうか。



シップスレインワールド株式会社

診断URL:http://www.rainworld.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
オンラインショップも運用されているのでWeb サイト活用に興味はあるのだと思いますが、現 状では時が止まったままのサイトという印象です。というのも新着情報が 2014 年 3 月以降更新さ れていません。また 【 実績導入 】 ページも 404 エラーのまま放置されています。 Web サイトを更 新せずそのまま放置しているのは会社にとってマイナスイメージです。きちんと更新されている 競合他社サイトと比較したユーザーはどのように感じるでしょうか。社長ブログはこまめに更新 されているようなので、本体サイトもきちんと更新されることをおすすめします。またレイアウ ト部分でとても気になったのが、どのページを開いても上部に「シーンで選ぶ」が表示される点 です(ページによっては新着情報も表示されています)。表示されたページ内容とあっておらず 紛らわしいのでトップページ以外は表示しないよう改善されると良いでしょう。サイトの SSL 化 も未導入なのでこの機会に Web サイトの全面見直しを強くおすすめいたします。



株式会社イーエス・ウォーターネット

診断URL:https://www.es-waternet.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
散水スプリンクラーのエキスパートとして技術をアピールしたいのだなと感じました。しかし、 ターゲット市場が農業、環境緑化、工業と幅広いようですが、市場によってユーザーに刺さる ポイントは違います。それぞれのユーザーに響く効果を中心にアピールしたほうが良いと思い ます。例えば、 TOP ページのメインビジュアルで紹介している「圧力制御システム」はパイプ ラインの ”資材コストダウンに貢献 することを前面に打ち出すほうが良いでしょう。その上 で 【 施工実績 】 をこのサイトのキラーコンテンツにして、事例を見て興味を持ったユーザーが 製品情報をチェックし、問い合わせやカタログダウンロードをする導線を強化すると良いと思 います。ユーザーは自分に関係する情報にしか興味を持ちません。分野ごとにコンテンツを分 け、ユーザーが自分に合った情報を探しやすいようにすることを強くお勧めします。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった4社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/