粉体ブリッジ対策業界

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2019年6月


ミナギ株式会社

診断URL:https://www.mi-nagi.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
ユーザーの問題解決に焦点を絞ったWebサイトで、よく練られ作り込まれています。
ユーザーの困りごと解決を目的に、商品はあくまでもその道具と位置付けられた素晴らしいサイトです。そして【実物貸出キャンペーン】や【実施例】【お客様の声】で困りごと解決への具体的な行動を後押ししていることも、同業他社のWebサイトより優れている点です。ブローディスクの紹介動画も親切でわかりやすかったです。常時SSLとモバイル対応もできています。同業者の手本になるサイトです。それでも、【実施例】のページに工夫の余地があります。300以上の実施例がうまく活用しきれていません。一覧性が悪いのです。使い勝手を良くすればもっとブローディスクの良さをアピールすることができると思います。


株式会社西村機械製作所

診断URL:http://www.econmw.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
積極的に更新されており、展示会などの対外活動も活発に行なわれていて好感が持てるWebサイトです。しかし、TOPページの最も目立つ場所でお知らせしている情報の見出しが ”▼2018年の展示会のご案内▼” となっており、古い情報と誤解されてしまうかもしれません。 ”2018年の” は不要です。それからサイトが少し古く、そろそろリニューアルした方が良いでしょう。前回のリニューアルが2005年5月なのでもう限界かもしれません。製品点数が多く、情報も詳しく掲載されているところがこのサイトの一番の良さです。しかし、やや製品情報に偏っているように思います。サポート情報や納入実績、技術情報など、ユーザーが必要とする情報を厚くすればより良いWebサイトが構築できるでしょう。


カネキタ株式会社

診断URL:http://www.kanekita.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
精密機械加工と粉粒体関連機器の2事業を、製品を中心に無難にまとめています。
事業内容はわかるのですが、同業他社と比べて何が違うのか?自社の良さ・強みの表現ができていないように感じました。スペックをはじめ製品情報が豊富なことは好感を持てますが、「粉粒体関連機器」のページでは型番だけで違いが分からず、目的に沿った製品を選びにくかったです。また、ユーザーの困りごとの原因や解決策の提示、見込める効果などの付加価値情報が弱く、複数サイトで情報収集し問題解決を図るユーザーに対してはアピール力が弱いかもしれません。それからサイト内検索としてGoogleカスタム検索を使用していますが、検索キーワードによっては同業者の広告が入ります。ページ数も少ないサイトなので検索機能は不要です。削除することをお勧めします。


フルード工業株式会社

診断URL:http://www.fluideng.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
洗練されたスキのないWebサイトです。しっかりした会社と感じられ安心感を与えるように思います。BtoBサイトとして必要な要件はほぼ揃っています。自社の強みやCADデータダウンロード、そして公開が難しい事例も多数紹介されており説得力があります。同業者のサイトよりも充実していると言って良いでしょう。その上で少し気になったことが2つあります。1つは「ニュース」と「お知らせ」。更新はできていますが・・・展示会出展と休業のお知らせだけというのはあまりにも寂しいです。そしてもう1つは通信のセキュリティー。常時SSLに対応し個人情報保護にしっかり対応する企業姿勢を示せば、さらに完成度の高いWebサイトになります。


株式会社セイワ技研

診断URL:http://www.seiwa-g.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
一目で粉粒体の専門メーカーとわかるWebサイトです。実績も豊富でノウハウが多いことも推測できますが、せっかくの実力を伝えきれていないのが残念です。製品情報が充実していないのです。ブランドサイト(http://www.monoscore.net/)にはスペックをはじめとした詳細情報が掲載されていますが、2つのサイトを運営するメリットが感じられませんでした。まず製品情報の一元化、そして充実、それから問題解決型コンテンツの拡充に取り組まれることをお勧めします。あとは細かなことですが、サイドメニューの「デモ機貸出中」のバナーにリンクがありません。専用の申し込みフォームを作ったほうが親切です。それから、「よくあるご質問への回答」のページのみサイドメニューがなく不便です。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

※本資料では、執筆者宮本が特に気になった5社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/