浮上油回収装置業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2021年6月


産機テクノス株式会社

診断URL:https://www.sanki-technos.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
ファーストビューで「特許技術」という文字がまず最初に目に入り、特許に自信のある会社なのだなということは伝わってきました。トップバナーを設置するなどして、特許についての記載があるページへの動線を作ると信憑性があって良いでしょう。以下、文字の羅列が続き、とにかくスクロールしないと最後の「お知らせ」までなかなか辿り着けない構成になっています。スクロールが長いと、ユーザーが Web サイトを離脱する要因になってしまいます。グローバルメニューの配下にメニューを作ってそこからリンクを貼るか、サイドメニューを作るなどユーザーがわかりやすいナビゲーション構成にすることをおススメします。コンテンツに入ると右側にサイドバーが出てくるのですが、こちらも文字が多くて少々見づらいです。「製品案内」や「よくあるご質問」などの主要なメニューは、文字の大きさを変えるか色を変えるなど、ユーザーの利便性を考えたほうが良いでしょう。お客様の お悩みが起点となっている 【 導入事例 】 は他にはないコンテンツでとても良いと思います。スラッジバキューマーの事例( https://www.sanki-technos.co.jp/jirei/sludge01 )のように導入背景や実際のお客様の声が入っているとわかりやすいです。今後もこのような事例をコンスタントに追加してい きましょう。



株式会社日建

診断URL:http://www.nikken-net.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
ドメイン内に事業ごとの特設サイトのようなページがあり、本サイトは各事業サイトへのナビゲーションの役割を担っているようです。特に売り出したい製品があるときや多くの情報を紹介したい場合に特設サイトは有効な手段ではありますが、このサイトに関しては事業部ごとに分けるメリットをあまり感じませんでした。各サイトのデザインに統一感がなく移動するたび使い勝手が変わるのが不便ですし、「水処理事業部ページに浮上油回収装置の情報があるか な?」と見てみましたが実際は別に「浮上油回収装置」の専用ページが用意されているなど、本来まとめられるべき情報も分かれてしまっています。各サイトの情報も本サイトに収まらないような情報量だとは感じませんでした。また、いくつかのサイトにお知らせが用意されてい ますが、いずれもあまり更新できていないようです。サイトを分けたことで運用の手間が増してしまったのではないでしょうか。推測するに各事業部でバラバラに管理しているのだと思いますが、そのせいで戦略も分散しているようです。まずは管理を一元化し、企業としてどう Web を活用したいのか?一度検討し直してみることをお勧めします。



アコージャパン株式会社

診断URL:https://acojapan.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
2020年 8 月にリニューアルされたサイトです。ファーストビューで「浮上油回収装置」と「湿式ふるい」への導線があり、迷うことなく各製品ページに行けるのは親切です。オイルスキマーの製品ページでは、特長が分かりやすくまとめてあるのも良いと思ったのですが、実験結果のグラフが特に目を惹きました。グラフを使うことでアイキャッチにもなりますし、製品の信頼性を示すこともできています。また「製品選びフローチャート」は製品選択に困っている際に便利だと思いました。このようにユーザー目線のコンテンツが用意されているサイトなだけに、もったいないと思う点がいくつかありました。まず「納入事例」ですが、写真紹介だけでは物足りません。競合サイトでは、どのようなニーズで製品を導入しどんな効果があったか?まで紹介されています。また PDF ダウンロードも個人情報入力が必須となっていて他社と比べ不便さを感じました。導入を真剣に検討しているユーザーは各社比較しながらサイトを閲覧しています。ユーザーが必要と感じる情報はなるべくサイト上に載せるよう改善されると一段 レベルアップしたサイトになると思います。



株式会社エイチツー

診断URL:http://hujoyu.eichitwo.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
わかりやすくて好感の持てるサイトです。浮上油回収について情報収集している人をターゲットにしており、「浮上油の回収」「スラッジの回収・ろ過」という課題に対して、特にポンプのトラブル解決に強みを持っているというのが特徴だと思いました。”浮上油やスラッジの回収ろ過はポンプ・フィルタメーカーのエイチツーにご相談ください。” というキャッチもわかりやすいです。初心者向けに「失敗しない回収装置の選び方」情報を提供したり、豊富な事例も 紹介できています。少し気になったのは会社の沿革や会社情報、選ばれる理由など「エイチツーってどんな会社?」を説明するコンテンツが弱いことです。浮上油回収 .com というサイト名でエイチツーという社名を前面に出さない作戦が、 ”ポンプ・フィルタメーカーのエイチツーにご相談ください。” というサイトコンセプトにマッチしていないように思います。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった4社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/