【株式会社嘉穂製作所】ニッチ市場での新規開拓にWebサイトを活用し問い合わせ数2.5倍に

ニッチ市場での新規開拓にWebサイトを活用

株式会社嘉穂製作所は、国内トップシェアのスロープカー(斜面走行モノレール)メーカーです。弊社とは以前からWebサイトおよび会社案内の制作とWeb広告で取引を頂いていました。

スロープカーは観光地やホテル、霊園・寺社仏閣などの移動手段として活用されており、競合にはケーブルカーやゴンドラ、チェアーリフトなどがある製品です。市場がニッチで攻めの営業ではなく守りの営業が中心となるため、Webサイトは重要な新規開拓の手段となっていました。その更なる活用を目指し、Webサイトリニューアルのご相談をいただきました。

競合製品に対する優位性をわかりやすいコンテンツでアピール

嘉穂製作所のスロープカーは、ケーブルカー等の競合製品と比べて快適な空間で移動でき、また完全オーダーメイドな点も評価されて採用が増えています。そこで、Webサイトでも「安心・安全」であることはもちろん、「快適」な乗り物であることをメッセージとして打ち出していくことを軸にリニューアル案の検討を行いました。具体的には「快適」というテーマからは「空調完備」「振動が少ない」「水平運転」、「安心・安全」というテーマからは「遠隔保全システムによるメンテナンス」「事業開始以来事故0」などターゲットに分かりやすいコンテンツをご提案しました。更に、直線でしか設置が出来ず運転手が必要なケーブルカーやロープウェイとは違い、スロープカーは地形に沿った自由度の高いレイアウトが可能で、ボタン一つで自動走行するという強みがあります。

上記のメリットを前面に打ち出した上で、スロープカーでシェアNo.1の裏付けとなる豊富な納入実績を掲載し、イメージしやすいコンテンツにすることも併せてご提案しました。

同時に、顕在ユーザーを集客する手段としてのGoogleリスティングと、潜在ユーザーへの認知を目的としたGoogleディスプレイ広告を併用することで、リーチを広げる取り組みも行いました。

お問い合わせ件数が2年間で2.5倍に増加!具体的な相談案件も多数獲得

Webサイトのリニューアル以降、Web広告で集客を行った効果もあり問い合わせ数は大きく増加しました。メールフォーム経由の問い合わせだけでも2年間で2倍以上に到達しており、具体的な相談案件も多く寄せられています。また、企業ログ解析も導入していることで見込み客の状況把握にWebサイトが大いに役立っています。

お客様の声

企業ログ解析を導入してから、ターゲットとしている自治体が水面下で情報収集していることが把握でき、ホームページの効果が改めて実感できるようになりました。売り込んで売れる商品ではないので、ホームページを新規開拓の手段としてさらにパフォーマンスを上げていけるよう取り組んでいきたいと思います。

(2022年10月公開)