【生産財メーカーB社】Googleスマートショッピング広告でコンバージョン数が2.1倍にアップ

サイトリニューアルを機にパフォーマンスの改善をご提案

電子製品を取り扱うB社とは以前よりお取引があり、通販サイトの宣伝のためにリスティング広告やショッピング広告を実施していました。しかし、サイトの都合上すべてのページにリマーケティングタグを設置することが難しく、リマーケティングは実施せずに広告掲載を行っていました。

そんな中Webサイトのリニューアルが決まったことをきっかけに、環境を整備してさらなる成果向上を目指すご提案をさせていただきました。

※リマーケティングとは・・・過去サイトを訪問したユーザーに対して広告を表示するための仕組み。

円滑なタグ実装のために環境整備からお手伝い

リニューアルに際し具体的にご提案・お手伝いさせていただいた内容は以下の通りです。

①Googleタグマネージャーの導入

Googleタグマネージャーを導入することで、リマーケティングタグやGoogle広告のコンバージョンタグを円滑に実装・管理できるようにしました。

②Google広告をスマートショッピングキャンペーンに変更

リマーケティングタグとコンバージョンタグの実装が可能になったことで、キャンペーンの内容もショッピングからスマートショッピングに変更できるようになりました。スマートショッピングキャンペーンとは、コンバージョン値を最大化しリーチも拡大するGoogle提供のキャンペーンのことです。こちらを利用することで、通常のショッピングキャンペーンとディスプレイリマーケティングキャンペーンを組み合わせて自動的に設定し、ネットワーク全体で商品やビジネスを宣伝してくれるようになります。

コンバージョン数(購入完了数)が2.1倍にアップ!

スマートショッピングの導入後、コンバージョン(購入完了)とそのアシスト数はいずれも2倍以上に増加し、同じ予算内で大幅にパフォーマンスを改善することができました。

また、通常リマーケティングを導入すると、ターゲットの確度が上がる分平均CPCも高くなってしまう傾向があるのですが、本キャンペーンではクリック数も減少することなくスマートショッピングキャンペーンに移行することができました。

お客様の声

Googleタグマネージャーでの管理を提案いただいていたことで、その後の管理も楽になりましたし、何よりスマートショッピング広告に切り替えたことで広告からの購入やアシストが増加し、ネット広告の費用について上司からうるさく言われなくなりました。(笑)

(2021年8月公開)