溶射加工業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年3月


株式会社日本鋳造技術研究所

診断URL:https://www.nittyu-ken.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
トップページにストーリー性があり、とてもレベルの高いWebサイトです。読み進めていくことで貴社の2つの注力事業や強みについてよくわかります。「表面処理」に関してはお悩みや要望から解決手法を選べるようになっていたり、「技術紹介」や「ブログ」にも力を入れられていて、企業としての前向きな姿勢に好感が持てます。期待が高まるWebサイトなだけに気になった点もいくつかありました。業界最速の「短納期」やフラックス販売の「国内圧倒的シェア」など強めのフレーズを使用する場合は、その裏付けとなるデータやコンテンツがあるとさらに説得力が増すのではないでしょうか。納期に関しては「よくあるご質問」にも記載がなかったので、残念な気持ちになりました。また、無償サンプル提供も貴社のウリの一つだと思います。通常の問い合わせフォームとは分け、無償サンプル専用の問い合わせフォームがあるとユーザーもコンタクトしやすいかもしれません。細かい部分のユーザーの利便性を考えるとさらに良いWebサイトになると思います。



大阪ウェルディング工業株式会社

診断URL:https://www.osakawel.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
全体を通して画像や動画の質が高く、構成もわかりやすいので迷うことなく閲覧できました。社員の顔が見える会社説明なども好感が持てます。しかし、肝心の中身が競合他社と比較して物足りなく感じてしまいました。例えば【事業内容】は「溶射」については詳しく説明されていますが、その他は画像のみだったりCOMING SOONとなっているなど問題があります。また、【現場思考型開発】は他社にはない独自のメニューなので期待感を持って閲覧したのですが、中身は「社内改善提案コンペ」の簡単な説明があるだけでがっかりしてしまいました。もっと自社ならではの強みとして磨き上げることが出来ればキラーコンテンツにもなり得るだけにもったいないです。【実績紹介】も、業界名だけでなく具体的にどういった課題を貴社製品を通じて解決したのかを伝えられると響くコンテンツになると思います。最後に、2019年8月のリニューアル以降ほとんど更新されていないようです。サイトは公開してからがスタート。土台は出来ているので定期的に更新し中身を充実させていくことを強くオススメします。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/