透水性コンクリート業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2021年12月


株式会社ファイナルマーケット

診断URL:https://www.fm-tnbase.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
豊富な情報を見やすくまとめている Web サイトです。トップのキャッチコピーでは ”透水性コンクリートについて” 書かれており、どんな製品を取り扱っている会社なのかが一目で分かります。グローバルメニューの 2 つ目には 【 ゲリラ豪雨・集中豪雨対策 】 という時代に即したメニューが あり、思わずクリックしてみようかなという気持ちになりました。施工実績の数も豊富でサイト全体に説得力をもたらしています。良くできているサイトなだけに勿体ないと思うところが何点かありました。まずメインビジュアルのキャッチコピーですが、背景画像に白い文字がかぶって いて読みづらいのが残念です。貴社がどのような会社なのか一目で伝える重要な部分なので、もう少し視認性を重視したいところです。 【 施工実績 】 についてですが、「 Before 」「 After 」の写真が何枚も羅列されているだけなのが少し分かりにくいなと思いました。それぞれ一枚ずつで良いので、もう少し写真を大きくして「 Before 」 「 After 」を見せるなど、見せ方を考えるとさらに良いコンテンツになると思います。現状のコンテンツの見せ方を工夫、グローバルメニューのプルダウンメニューを使って動線をうまく確保し、ワンランク上の情報整理を目指してみてはいかがでしょうか。



太洋コンクリート工業株式会社

診断URL:https://www.taiyo-gr.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
シンプルな見やすいデザインで、コンクリート二次製品の【 製品カタログ 】 や 【 事例集 】 などの情報が豊富な Web サイトです。特に 【 事例集 】 は施工完了後の写真だけでなく施工中の写真が掲載されている事例も多いので、ユーザーの信頼感に繋がっていると思います。しかし中身が充実している一方で、 TOP ページのメインビジュアルは残念な印象を受けました。“これからの社会を支える「ちから」になりたい” というキャッチコピーや背景の山々を映した映像からは、何を扱う会社なのかが伝わらないのです。右上に記載された社名からコンクリートを扱う会社だとは分かりますが、それだけでは他社と差別化できません。メインビジュアルは最もユーザーの目に触れる場所なので、”コンクリート製品(二次)の設計、製造、販売” を行って いることや ”個別設計にまで対応するトータル体制 など貴社ならではの強みを端的に伝えることをオススメします。事例の更新もまめに行われていて中身が充実しているので、看板からその良さを伝えることにも注力してみてはいかがでしょうか。



三和グランド株式会社

診断URL:https://sanwagrd.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
情報量が豊富な Web サイトです。 【 透水性舗装として選ばれる理由 】 がしっかり用意されていたり、 【 製品紹介 】 では特長や数値評価が充実しているだけではなく、一般的土舗装との比較があるのでより分かりやすい説明になっていました。「施工の流れ」「技術情報シリーズ」 「クリーニングサービス」「高炉水砕スラグについて」 もユーザーの興味を惹くテーマですし、読み応えのある内容になっています。少しもったいないのはバナーがページ下部にしかないので気づかない人がいるかもしれません。グローバルメニューに配置するなど、きちんと見ても らえるための工夫が必要です。豊富な情報は貴サイトの大きな武器ですが、サイトの情報設計については改善の余地がありそうです。例えば 【 事例紹介 】 と「ビフォーアフター」はまとめて紹介したほうが利便性は上がりますし、 【 使用例マップ 】 も合わせて説明する方がユーザー には伝わりやすいかもしれません。情報をどのように整理整頓するか?をユーザー視点で突き詰めていかれると一段上のサイトになると思います。



※本資料では、執筆者宮本が特に気になった3社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/