ロストワックス業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年8月


キングパーツ株式会社

診断URL:https://www.kingparts.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
製造業のサイトらしく構成がシンプルで迷うことなく閲覧することができました。【キングパーツの強み】では、貴社の強みがしっかり明記されており好感が持てました。特に「最小5個からの小ロット生産」「初回試作納期最短3weeks」など具体的な数字が入っているのが良いと思います。しかし、全体のコンテンツを見るとやや内容が希薄で印象に残りにくい点が気になりました。【ロストワックスとは?】の中の「製造プロセス」は動画を使われていて面白いのですが、特に要となる「製品事例」は写真の画質も悪く、事例点数が少ないことも気になりました。「お見積りについて」をクリックするとお見積りについてよくあるご質問になっているので、こちらは見積り専用フォームを用意し、「よくある質問」は別に設けたほうが良いと思います。2017年7月にホームページリニューアルをされてから5年経ちます。そろそろ内容を見直されてはいかがでしょうか。



株式会社加藤製作所

診断URL:https://www.kato-s.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
“鉄・ステンレスなどのロストワックス精密鋳造総合メーカー” というわかりやすいキャッチコピーで期待感を高め、スクロールすると現れる「金型製作」「精密鋳造」「機械加工」の一貫生産の図も気が利いています。だからこそ、一貫生産することで得られるユーザーメリットや相互フィードバックによるノウハウの蓄積など、選ばれる理由をなるべく具体的な数字を交えブラッシュアップすることをお勧めします。このサイトの課題は綺麗なデザインにコンテンツが追いついていないことです。全体的に情報が少なく、採用を検討するために必要な情報が足りていないのです。特に【製品紹介】は情報量を増やすことをお勧めします。また、よくある質問が3つしかないのも気になりました。コンテンツのブラッシュアップに期待しています。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/