レーザー加工機業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年5月


創新テック株式会社

診断URL:https://aeonlaser.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
「AEONレーザー」の特設サイトです。メインビジュアルの動画からレーザー加工機を取り扱う企業なのかなと想像はつきます。トップページの文章をじっくりと読めば貴社の良さも伝わってくるのですが、まずはユーザーを一目でぐっと惹きつけるようなキャッチコピーがあると良いでしょう。サイトデザインもシンプルで「サポート」や「導入事例」など内容もコンパクトにまとまっており悪くないのですが、どことなく淡々としていて今一つ貴社の良さやウリが伝わりにくいのがもったいないと思いました。コーポレートサイトで「大学および専門学校などの教育機関の現場から生産開発及びビジネス向け」をターゲットにしている記載があったので、少し学術寄りのWebサイトになっている印象を受けます。「お問い合わせ」や「ショールーム見学」を強調されているなど新規ユーザーの開拓を狙っているようなので、貴社の製品だからこそ選びたいとユーザーが思うような表現や見せ方を意識されてはいかがでしょうか。



株式会社ヨコハマシステムズ

診断URL:https://yokohamalaser.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
一目見てなんの会社か伝わりました。グローバルメニューの【購入ガイド】や、【お問い合わせ】の「お問合せ内容」で「よくわからないので相談したい」を選択できる点など、初めて導入するユーザーへの配慮が感じられます。【導入事例】もお客様の顔が見え、かつ項目立てて構成されているので興味を持って閲覧することができました。しかし、肝心の【取扱製品】がわかりづらいです。まずHSGレーザー・TASTELASER・ユニバーサルレーザシステムズそれぞれの特色がわからないので、知識のないユーザーは初めから躓いてしまうと思います。また、TASTELASERとユニバーサルレーザシステムズはロゴをクリックすると同タブ内で別サイトに移動してしまう点も混乱しました。特設サイトへの移動は基本的には別タブに設定することをオススメします。HSGレーザー含め個々のページの情報は充実しているだけに不便さが本当にもったいないです。サイト全体を通して新規ユーザー向けの情報を用意しているので、【取扱製品】もきちんとターゲットを意識して構成するとより使いやすいサイトにできると思います。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/