イオナイザー 除電器業界 Webサイト診断

ホームページの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にホームページを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。
この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のホームページを主観的に評価しコメントしています。
業界内では得ることが難しい第三者の意見として、ホームページの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年9月

目次

株式会社TRINC

診断URL:https://www.trinc.co.jp/

診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
前回の診断(2019年9月)から3年ほど経ちますが、変わらずコンテンツも充実しており、情報整理もよくされていると思います。新製品の情報を定期的にアップされていることで企業としての前向きな姿勢が伝わりますし、出張展示会や来場型のデモセンターだけではなくオンラインデモにも対応されており、オフラインだけでなくオンラインのゴールもしっかり設定されているところに感心しました。気になった点ですが、すでに常時SSL化対応はされているのですが、http://のページもまだ閲覧できる状態になっています。リダイレクト設定をしっかり行い、http://のページは削除したほうが良いでしょう。以前の診断でもお伝えしていました普及型製品ブランド「ローエン」の特設サイト(http://www.lohen.jp/)もまだ常時SSL化未対応となっていますので、早急に対応されることをオススメします。

貴社ホームページの診断(無料)をご希望の方はこちら

株式会社石山製作所

診断URL:http://www.ishiyamass.co.jp/

診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
シンプルで製品情報はよくまとまっています。特に従来方式との比較やオゾン量・発塵量測定などは気が利いた内容だと思います。しかし、サイトの造り自体が古くなっていることと、同業他社に比べ情報が少ないことが気になりました。その典型が【静電気について】のページです。「静電気とは?」「原因は静電気」「除電の仕組み」の3つのコンテンツがいずれも導入で終わっています。それだけでなく石山製作所独自の知見や事例の紹介など、踏み込んだ情報提供を期待するのは私だけではないと思います。今の段階では、会社案内とカタログをWeb上で公開しているだけのサイトです。ここからサポート情報を充実させたり、事例の紹介、ユーザーの困りごと解決に役立つ情報などを追加することで、より良いWebサイトにすることをオススメします。今のサイトを公開してからずいぶん時間も経っているようなので、自社の良さ、他社にない独自性を見つめ直しリニューアルを検討されても良いかもしれません。

貴社ホームページの診断(無料)をご希望の方はこちら


  • 本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のホームページを対象に診断を行っています。
  • ホームページ調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介

宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)

「これまでの経験を活かし第一印象からホームページを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」

《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」

目次