ケーブルグランド業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2022年4月


日本エイ・ヴィー・シー株式会社

診断URL:https://www.ip68.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
“何故ケーブルグランドが必要なのか”という訴えかけるようなキャッチコピーが目を引きます。You tube チャンネルの開設や、ソーシャルメディアの充実、ダウンロードコンテンツの豊富さなど企業としての意気込みや勢いを感じ、好感が持てます。製品も細かい仕様や品番から検索できるようになっている他、チャットボットも設置されており、初めてサイトを訪れたユーザーにも親切です。レベルの高いサイトなのですが、気になった点もあります。 IP69 標準化に 注力されていることからサイトのドメインも “ip68. jp”にされているのだと思いますが、特設サイトではなく、コーポレートサイトも兼ねているのであればやはり社名を含んだドメインに変えることをオススメします。全体的に文字や写真のインパクトが強く、特にトップページはご ちゃっとした印象を受けます。グローバルメニューのプルダウンメニューを利用するなど、ワンランク上の情報整理を再度検討してみてはいかがでしょうか。



株式会社セフテック

診断URL:https://saftec-jp.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
製造業らしいシンプルな作りのサイトです。このサイトの問題点は、コンテンツにユーザー視点が欠けている点です。具体的には、タイトルと実際のページ内容にずれを感じることが多く残念な印象になっています。例えば 「見えない安全を私たちが守っています」 をクリックすると代表挨拶が表示されます。社名の由来や経営理念から分からないこともないですが、タイトルに合致した具体的な内容が知りたかったのに と思ってしまいました。 「セフテックの取り組み」 も貴社で実践されている事業の特長や強みが紹介されたページかと期待したのですが、実際は型番と仕様がメインのページで違和感を感じました。タイトルにマッチしたページを用意できれば新規ユーザーに貴社を分かってもらえる優良コンテンツになる可能性もあるので改 善されることをオススメいたします。この機会にサイト全体の見直しをされてみてはいかがで しょうか。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった2社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/