ブラスト機業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2020年6月


厚地鉄工株式会社

診断URL:http://www.atsuchi-ascon.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
競合サイトと比べサイトの作りが古く幅が狭いため、紹介できる情報量に差が出てしまっているのがもったいないと思いました。「サンドブラスト・エアーブラストの総合メーカー」というせっかくのキャッチコピーも、文字が小さくインパクトに欠けます。 そして一番問題なのは、グローバルメニューです。現在は【技術資料】【会社案内】【リンクについて】【お問い合わせ&資料請求】の4つが設定されていますが、本当にこの項目で良いのでしょうか?グローバルメニューはWebサイトにおいて最重要部分なので、もっとよく検討したほうが良いでしょう。例えば【リンクについて】は必要ありませんし、競合サイトによく見かける企業の強みや特長がわかるページを設定するべきです。「厚地鉄工の特長」というページがあるのでそちらをグローバルメニューに入れたほうが良いでしょう。
せっかくのコンテンツも見てもらいにくい場所にあれば、宝の持ち腐れです。そろそろサイトリニューアルの時期かもしれません。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

サノヤス・エンジニアリング株式会社

診断URL:http://www.sanoyas.co.jp/eng/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
2019年4月にWebサイトリニューアルをされています。今年4月にサノヤス建機株式会社と合併とのことですので、今後Webサイトも変更されていくのでしょう。現状も更新されていますが「トピックス」の更新など、サイトの運用は継続して行ったほうが良いと思います。気になった点ですが、【サノヤスの強み】として “製品の設計、製造からアフターサポートまで、お客様をトータルサポート” を謳うのであれば、アフターサポートの具体的なコンテンツがあっても良いかもしれません。【事業紹介】の各製品ページに「メンテナンスサービス」情報があるので、このあたりの情報を整理して盛り込んではいかがでしょうか。【採用情報】はサノヤスホールディングス株式会社の採用ページのURLが貼られているだけなので、ドメインが一緒なのであればリダイレクト設定をされたほうが良いでしょう。個人情報を必要とする各種お問い合わせフォームを含め、Webサイト全体の常時SSL化も未対応です。早急に対応することをおすすめします。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

三共理化学株式会社

診断URL:https://www.sankyo-blast.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
研磨技術の特設サイトです。全体のデザインが見やすく好感が持てました。特に【三共理化学の強み】が非常に直感的でわかりやすく、1930年から続く老舗企業の強みがよく伝わります。
しかし、気になった点もあります。それはグローバルメニューの【提案事例】と【導入事例】の違いがわかりにくい点です。中身を見てみると【提案事例】はとても良いコンテンツで、ユーザーの困りごとを切り口に製品を探せる上、どのような手段でその困りごとを解決したのかが簡潔に説明されていました。一方、【導入事例】は画像と簡単な見出しが並んでいるだけで、 ”三共理化学が手掛けた、お客様専用にカスタマイズした事例をご紹介します。” というコピーに対して弱いと感じました。この内容ならば【提案事例】と【導入事例】は1つに統合してしまって問題ないと思います。その分、「導入までの流れ」や「サポート」に関する情報を追加してみてはいかがでしょうか?そうすることで、ユーザーにより安心して問い合わせてもらえるWebサイトにできると思います。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

株式会社サンポー

診断URL:http://www.kk-sampoh.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
シンプルで見やすいWebサイトではありますが、導入を検討するのには情報が少なすぎます。一番気になったのが【当社製品の型式】です。マウスオーバーすると一覧が出てきますが、情報が少なく自分に合った製品を選べません。型式レベルでの違いを熟知した人にしか使えず不親切です。製品詳細ページも情報が非常に少なく、検討は難しいです(典型な製品ページ:A型 ローラーコンベアー )。ユーザーが検討するために必要な最低限の情報(スペック情報)は必須です。それから、TOPページの「ものづくり」をクリックするといきなり図面が出てきて違和感を感じました。タイトルと中身にズレがあります。ブラストマシン供給メーカーとして50年以上の実績があり選ばれ続けている理由をきちんと掘り下げて紹介し、特注品への対応やサポート情報を充実させる事を強くお勧めします。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

株式会社グリーンテックジャパン

診断URL:http://www.greentech-japan.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
ドライアイスブラストにこだわった好感の持てるサイトです。差別化もできています。 ”おかげさまで8年間3000社の実績” というコピーの下の「無料デモ申込み」も気が利いています。コンテンツも良く中身の濃いサイトですが、気になったのは今年に入ってお知らせの更新がないこと。それと、アピールしたい情報が少し増えてきているので、そろそろ情報の整理整頓が必要になっていることです。「製品情報」「サポート情報」「ユーザーへの提案」「会社情報」そして、「サイトのゴール」など情報を分類整理し、古くなった情報は削除もしくはリメイクして、SSL対応、モバイル対応する事をお勧めします。洗浄サービス部のサイト( http://greentech-japan-service.com/  )もよくできていますが、個人的には1つにまとめたほうが会社の魅力をより伝えられるし、サイトパワーの分散を防げると思います。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

※本資料では、執筆者宮本が特に気になった5社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/