【建材メーカーB社】Webサイト診断をヒントに狙いの明確なリニューアルを実現

リニューアルの参考にするためWebサイト診断を実施

B社は、竹をはじめとする建築内装材メーカーです。弊社からWebサイト調査資料「竹建材」のご案内をさせていただいたことをきっかけに商談が始まり、当初は取引に至らなかったのですが、初回商談から1年後に無料Webサイト診断のご依頼をいただきました。総合カタログの改訂に合わせて検討しているサイトリニューアルの参考にしたいとのご相談でした。

実際にWebサイト診断を行うと、いくつかの問題点が浮き彫りになってきました。

実際の診断結果

診断を元に旧サイトの問題点を解消するリニューアルをご提案

診断結果を元に、弊社から以下のようなご提案を行いリニューアルを実施しました。

【問題点】サイトコンセプトが曖昧で強みが伝わらない
【ご提案】「B社のこだわり」コンテンツで同社の強みをアピール

B社の強みは竹の加工技術です。竹は自然素材なのでカビや虫害の発生、経年による割れなどのリスクがあるのですが、B社は本来の美しさを長く維持することができる独自技術を持っていました。そこで、割れ防止、防カビ、防虫、不燃といった加工技術をWebサイトに反映させることをご提案しました。

【問題点】製品情報がデジタルカタログに頼りきりになっている
【ご提案】製品ページの情報を充実させ魅力を伝えるページに

旧サイトでの製品紹介はデジタルカタログへのリンクのみで、魅力を伝えるコンテンツが不足していました。そこで、画像を使って製品の美しさを伝えながら視覚的に製品を選べるようにしたほか、施工例へもスムーズに移動できるよう導線の強化を行いました。

【問題点】施工例がインパクトに欠ける
【ご提案】見やすい画像と利便性の高いページデザインに変更

意匠性がポイントとなる竹建材において、施工例はキラーコンテンツになりうる情報です。しかし旧サイトは画像が小さく、ユーザーが見たい情報にたどり着きにくいという問題点がありました。そのため、リニューアル後は画像を大きく表示できるようにし、「施設」×「施工箇所」で抽出できるようにナビゲーションを設置することで利便性を高めました。

更に、リニューアルして終わりではなく公開後も定期的に情報発信を行えるようWordPressを活用しました。サイト内に開設した「ブログ」で、竹を中心とする内装材の知識コンテンツや同社の取り組みを定期的に発信しています。

そのほか、リスティングによるサイト集客の強化で新規ユーザーとの接点を増やしつつ、Googleアナリティクスを実装することで、Web広告の効果測定、ブログの閲覧状況、目詰まりを起こしているコンテンツなどの改善に役立てることをご提案しました。

お問い合わせ増加&情報収集段階のユーザーにもリーチできるように

リニューアル後、Googleアナリティクス・タグマネージャーを実装したことでWebサイトの成果を可視化できるようになりました。結果を確認すると、メールフォームからの問い合わせは月20件に到達、スマホからダイレクトに電話発信できるようにしたことでスマホ経由の電話問い合わせも月10件に増えています。更にデジタルカタログに関しては20,000ページビュー、150ダウンロード、印刷200件など、情報収集段階のユーザーにもリーチできるようになりました。お問い合わせ内容も確度が高まっており、リニューアルを行ったことで確実にパフォーマンスが向上しています。

お客様の声

建材業界に特化したWEBマーケティングのコンサルを行っているという点と無料でWEBサイト診断を実施してくれるとの事で、サイトリニューアルの相談をいたしました。サイト制作だけでなく、集客・分析などサイト運営までお任せできるところにメリットを感じています。

(2021年6月公開)