着磁ヨーク業界

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2019年7月


株式会社アイエムエス

 

診断URL:http://ims-jp.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。専門メーカーのお手本のようなWebサイトです。
特に【着磁が初めての方へ】【磁気測定が初めての方へ】の2つのコンテンツがわかりやすい。初心者が着磁や磁気測定を学ぶのに役立ちます。初心者でなくともいまさら聞けないことはWebサイトで調べたいもの。こうしたニーズに応えた良いコンテンツです。【製品情報】をはじめ他の情報も充実しているので申し分ありません。更新もできているし、サイドメニューもわかりやすくストレスを感じませんでした。あとは修理・校正・メンテナンス情報などサポート関連の情報を充実させること、ターゲットユーザーの困りごとに対応したゴール設定を行うことが課題かもしれません。例えばデモ機貸出、テスト依頼、既存ユーザー向けの購入履歴や修理情報などの閲覧サービスで、さらにロイヤリティーを高めることも可能だと思います。その上で常時SSLとモバイルに対応すればさらに信頼性の高いサイトになると思います。


マグネットフォース株式会社

診断URL:http://www.magnetforce-japan.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。非常に考えられた良いWebサイトです。
「着磁・脱磁完全ガイド」というコンセプトが光っています。すぐに答えの欲しいユーザーと基礎を学びたいユーザー、それぞれに対し適切なコンテンツを用意できていることも好感が持てます。そして公開の難しい事例コンテンツがあること、自社の強みをきっちり説明できていること、ユーザーのニーズを理解したゴール設定ができていることも良い点です。しかし、気になることがあります。それはオフィシャルサイト(http://magnetforce.co.jp/)との相乗効果がどこまで出ているのかということ。実際のところはわかりませんがその点に問題があるかもしれないと感じました。オウンドメディアを持つのは悪いことではないので、オフィシャルサイトとの相乗効果を出すためにしっかりと役割分担を考え運用することが今後の課題ではないでしょうか。もし明確な戦略がないなら統合してしまっても良いように思います。また、モバイル対応やSSL対応も行うべきでしょう。


日本電磁測器株式会社

診断URL:http://www.j-ndk.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。専門メーカーとして、情報豊富なWebサイトを運営している点に好感が持てます。
特に、「鋳物・ダイカスト部品(含侵加工)」「鉄鋼業界」「自動車業界(着磁器ソリューション)」向けに特設ページを作りコンテンツを用意している点は、他サイトになく差別化できていると思います。製品情報も詳しく、【サポートサービス】ページを用意していることもユーザーに安心感を与えるでしょう。レベルの高いサイトであまり言うこともありませんが、期待値の大きかった【マグ研】のコンテンツがVol.3までと少ないので、もう少し情報を追加して欲しいと思います。というのも、情報提供型のコンテンツを大量に掲載している同業社のサイトと比べて物足りなく感じられたのです。複数サイトを比べ検討するユーザーのことを意識すると良いでしょう。サイトリニューアル前はTOPページがごちゃごちゃしていましたが、掲載コンテンツの整理整頓がうまくでき、すっきり見つけやすくなりました。


電子磁気工業株式会社

診断URL:http://www.emic-jp.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。きれいなWebサイトでモバイル・常時SSLにも対応しており、サイトに力を入れていることが推測できます。
しかし、多言語化の自動翻訳システムが気になります。各言語に移動しようとすると注意書きが出てしまうからです。これではユーザが離脱する原因になります。日本語ページは専門性の高さもうかがえ期待が大きかったのですが、【技術紹介】が【製品紹介】の補足で終わっているように感じました。【技術紹介】にある情報では御社ならではのノウハウ・技術を説明しきれていません。むしろ【製品紹介】に置くべき情報のように感じました。代わりに【技術紹介】に置いて欲しいと思うのは、「技術レポート」に掲載されているような濃い情報です。専門性の高いこれらの論文こそ本来【技術紹介】にあるべきです。また、カタログ情報がダウンロードできるので、資料請求ボタンもここまで多くの場所に設置する必要はありません。ダウンロードできない資料があるのであればその説明が必要ですが、同じものならばダウンロードだけで良いのではないでしょうか。


OP電子工業株式会社

診断URL:http://www.opei.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。シンプルでどこに何があるかわかりやすいのがこのサイトの良さです。
しかし、他のサイトに比べて情報が少ないのが気になります。例えば【ヨーク・コイル】については名称と写真のみで、ユーザーが検討するには情報が少なすぎます。カスタム品なので難しいとは思いますが、製品情報の追記が困難な場合は納入実績、技術情報、コラムなどを掲載し、技術力やノウハウをユーザーが判断できるようカバーすることをお勧めします。また、お知らせの更新が平成28年6月以降なく、更新日時の情報もないので不便です。更新頻度が少ないことを気にして日時を入れない、またはお知らせを削除するサイトを見かけることがありますが、対症療法でかえってマイナスイメージにつながります。もしそうだとしたらきちんと更新したほうが良いでしょう。


PDF版ダウンロードはこちら
Webサイト診断

※本資料では、執筆者宮本が特に気になった5社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/