乾式外断熱工法業界 Webサイト診断

 

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2021年7月


株式会社ツヅキ

診断URL:https://llhsotodannetsu.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
このサイトは外断熱事業の特設サイトという位置づけです。まずキャッチコピーの ”最高の建築を未来に繋ぐ ツヅキ50年の匠の技” ですが、サイトの方向性とマッチしていないように感じました。サイトタイトルが「RC外断熱工法の選び方」、トップページも外断熱工法の選び方を意識した内容なので、メインビジュアルやコピーも統一した方がユーザーに響くと思います。 トップの内容自体は、乾式と湿式のポイントについて詳しく説明されており分かりやすかったです。ただ文章中心の説明になっているのがもったいないと思いました。「RC外断熱工法の選び方」とあるので、工法を選ぶ際のポイントごとに乾式と湿式の違いを表形式でまとめるとより見やすくなると思います。最後に施工事例が写真しか載っていない点も気になりました。リニューアル事例が増えているとサイト上にあったので、リニューアル前後の写真や、外装材の種類、お客様の声なども紹介できると競合と差化できるコンテンツになると思います。ユーザー視点を意識したサイト運用にぜひ取り組まれてみてはいかがでしょうか。



高島株式会社

診断URL:http://www.soto-dannetsu.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
トップバナーから「外断熱」の会社ということはわかるのですが、“『外断熱』、人と地球にやさしい提案です” というキャッチコピーは少し漠然としています。設計事務所をターゲットとしたWebサイトとお見受けしますので、他社と違って貴社はどのような「外断熱工法」を提案できるのか、貴社ならではのウリを盛り込んでみてはいかがでしょうか。左側にメニューのサイドバーはあるのですが、一般的なサイトに見られるサイト上部のグローバルメニューが見当たらず少し違和感を覚えました。ユーザーが情報にたどり着くまでの重要なサポートとなりますので、グローバルメニューの設置をオススメします。【外断熱工法紹介】から各工法のページに入ると、コンテンツ幅が狭い上に文字が多く、ゴチャゴチャした印象を受けます。「工法」や「性能」、「施工例」など内容は充実しているのでレスポンシブデザインに変更し、ページ全体を整備すると良くなるでしょう。「設計事務所様の声」のようなお客様の生の声を掲載したコンテンツは大変良いと思います。件数を増やし、独自のコンテンツとすると良いでしょう。ニュースリリースの更新は2017年11月で止まっており、Webサイト自体の常時SSL化も未対応です。そろそろサイト全体の見直しが必要なのではないでしょうか。



元日マテール株式会社

診断URL:https://www.ganjitsu.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
メインビジュアルからインパクトのある画像とコピーで興味を惹かれます。2枚目以降も貴社の強みが具体的に示されており期待感が高まったのですが…サイト全体としてはチラシやカタログの延長という印象で残念に感じました。恐らく手元にある資料をそのまま転記したのでしょう。Webに最適化されておらず、せっかくの素材を活かしきれていないのです。顕著なのが【Gパイプ】。ほぼカタログ画像を貼り付けただけで終わってしまっています。【鉄筋コンクリート乾式外断熱住宅の魅力とは】に掲載されている画像の一部も小さすぎて文字が潰れてしまっていますし、見出しが画像になっているのももったいないです。本文もよく読めば良いことは書いてあるのですが、淡々としていて読みづらく感じてしまいました。 グローバルメニューに製品が並列で並んでいるのもカタログを基準にした影響でしょうか?【製品情報】【選ばれる理由】などWebサイトらしい構成に組み替えた方が良いと思います。【施工事例】も淡白過ぎて魅力が伝わらないので、どこにどう貴社の強みが活かされているのかをはっきりと示すことをお勧めします。



コンフォートテック株式会社

診断URL:http://www.comfort-tec.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
“想定外の地震でも天井が落ちない建物を造る” というメッセージがわかりやすく好感の持てるサイトです。興味を持って【CPS工法】のメニューを見たら「実績」「検証データ」と見たかった情報がきちんと用意されており検討しやすいと感じました。少し残念だったのは「新着情報」6.22の「小美玉市立小川文化センター小ホール」がリンク切れしていることです。せっかく更新しているのにこうしたミスでユーザビリティーが損なわれてしまうのはもったいないです。このサイトの課題はデザインとゴールにあると思います。画像やイラストを効果的に生かすこと、それと読みやすいテキストを意識してデザイン刷新することをお勧めします。またゴールについては、問い合わせフォームを用意したり、CADデータやカタログダウンロードをもっとわかりやすくして利便性を向上させると良いと思います。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった4社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/