エアーカーテン業界 Webサイト診断

Webサイトの評価には、アクセス数などの客観的な指標だけでなく「実際にWebサイトを訪れたユーザーがどのように感じるのか」という主観的な評価も重要です。この資料では、製造業専門Webマーケティングコンサルタントの視点から、各企業のWebサイトを主観的に評価しコメントしています。業界内では得ることが難しい第三者の意見として、Webサイトの改善にお役立ていただければ幸いです。

診断日:2021年8月


日本エアーカーテン株式会社

診断URL:http://www.aircurtain.co.jp/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
メニューが【会社概要】【製品案内】【お問い合わせ】のみというシンプルなサイトです。一目見てエアーカーテンメーカーだとわかる社名は強みですし、【製品案内】も用途ごとにタブが分かれていて探しやすく、図を使ってシミュレーションを示している点も説得力があります。一方で、検討段階のユーザーに対しては訴求力が足りないようにも思います。数あるエアーカーテンの中で貴社の製品を選ぶべき理由が伝わってこないのです。まずは他社製品と比べて貴社の製品にはどのような強みがあるのかを端的に示してあげると良いでしょう。【製品案内】の「納入事例」もせっかく多数掲載されているのに簡素過ぎて良さが伝わらずもったいないです。また、導入までの流れや導入後のサポートに関する情報を追加できればユーザーも安心して貴社製品を検討することができると思います。最後に、TOPページだけ上部にグローバルメニューが表示されていないことも気になります。初めて訪れたユーザーがスムーズに移動できるよう、スクロールしなくても見える範囲にきちんとメニューを配置することをお勧めします。



株式会社セギジャパン

診断URL:https://www.segijp.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
メインビジュアルに “食品衛生機器クリーン化機器専門会社” とあり、何の会社か判別しやすいのは好印象です。ただスクロールして表示される “新たな発想で世界が変わる。新たな環境づくりで企業が変わる” というコピーは抽象的すぎて全く伝わってきませんでした。せっかくの目立つ場所なので、貴社の強みが分かるようなコピー(数値や具体的な表現を使うとGood)に変更されると良いでしょう。次に【製品紹介】ですが、エアーカーテンの冒頭ではカタログ画像がそのまま載っているだけで残念な印象でした。SEOの観点からもHTMLで作成されることをおすすめいたします。施工例は画像だけでは物足りなさを感じるので、お客様が採用した経緯やなぜ貴社製品を選んだのか?といった内容が数例でも紹介されていると競合と差別化できるコンテンツになると思います。最後に【FOOMA JAPAN】や【展示会のお便り】はどちらも過去の展示会の様子が紹介されていて違和感を感じました。更新せずに古い情報を載せたままでは会社に対してマイナスイメージを与えかねないのでメニューから外した方が良いでしょう。サイトは公開してからが本番なのでしっかり運用に取り組んで欲しいと思います。



株式会社ダイワ・ハグノック

診断URL:https://www.daiwa-hugnock.com/

●診断内容

この診断ではWebサイトを見た第一印象から特に気になった点に絞り述べさせていただきます。
モバイルデザインへの対応のためか画面サイズによってはファーストビュー内にキャッチコピーが入っておらず、トップの画像も一見してエアーカーテンを取り扱う会社だとよくわからないのが残念です。キャッチコピーに「夢」という文字が入っているのもイマイチ何を意図しているのかよくわからず、またトップバナーからどこにもリンクしていないのももったいないなと思いました。トップの画像は【導入実績について】のドン・キホーテさんの「エアーズロック」導入事例だと思いますので、そちらの実績ページにリンクさせたほうが良いでしょう。「エアーズロックが選ばれる理由」では裏付けのデータもしっかり記載されており、信頼感が持てます。キャッチコピーでもっと貴社の強みとなる部分を謳い、選ばれる理由のページに飛ばしても良いかもしれません。【エアーズロックについて】と【4つの効果について】ではエアーズロックの性能・概要と特長について少し内容が被っている部分があります。特長や貴社の強みなどは一つのメニューにまとめ、サポートメニュー(「お問い合わせ~導入後の流れ」「よくある質問」)を別立てでグローバルメニューにおいても良いかもしれません。【ダイワ・ハグノックの研究日記】は2019年2月で更新がストップしてしまっていますので、しっかり更新していくようにしましょう。


※本資料では、執筆者宮本が特に気になった3社のWebサイトを対象に診断を行っています。
※Webサイト調査時の検索順位を元に上位順に紹介しています。

執筆者紹介
宮本栄治(株式会社コスモブレインズ取締役)
「これまでの経験を活かし第一印象からWebサイトを診断しました。個人の主観による診断ではありますが、成果を上げるサイト、失敗するサイトには共通点があるものです。
対象企業すべてのサイトを比較したうえで、各サイト問題点を1点取り上げさせていただきました。」
《個人ブログ》「製造業のWebマーケティング」URL:https://eijimiyamoto01.blogspot.jp/