リスティングはクリックされるのですか?

2013年9月3日発行号のメルマガコラムをお送りいたします。

今号からはリスティングに関して、日ごろお客様からよく質問されることを中心にお話していきたいと思います。

第1回の質問は、「リスティングはクリックされるのですか?」です。

この「リスティングはクリックされるのですか?」という質問は、お客様から1番多く聞かれる質問です。まだリスティングをしたことがないお客様ですね。

製造業や建築業では、取り扱う製品の専門性が高いため、「リスティングを出してもクリックされないのではないか?」、「リスティングは消費財向けの広告でしょ。」と考えているお客様も多くいらっしゃいます。

リスティングの一般的なクリック率というと、1%~2%あたりだと思いますが、これは弊社で行なっている製造業や建築業界のリスティングも大差はありません。我々の業界でもリスティングは現実としてクリックされています。

おそらく、オーガニック検索(自然検索)に比べリスティングがクリックされるのかどうかが、今回の質問の焦点になるかと思います。

ある調査によると、検索結果画面においてオーガニック検索(自然検索)とリスティングのクリック比率は、8:2だと言われています。オーガニック検索(自然検索)が8割と多いようです。(このデータをそのまま信用するのではなく、あくまで参考値としてお考えくださいね。)

検索ユーザーは、どのような基準でオーガニック検索(自然検索)とリスティングを使い分けているのでしょうか?(そもそも、リスティングを広告と認識していなければ基準などないかもしれませんが、今回は認識しているものとして話を進めます。)

正確な答えはわかりませんが、私の場合は、【購買心理の段階】によってオーガニック検索(自然検索)とリスティングを使い分けている気がします。

どういう事かというと、例えば一級建築士の資格を取ろうと考えていて、「一級建築士」と検索する場合、オーガニック検索(自然検索)をクリックする確率が高くなるような気がします。この時の私の心理としては、一級建築士について詳しく書かれているサイトで、資格概要、勉強方法、試験日、難易度などひと通りの情報を知りたいというものです。

漠然とした情報収集段階では、売り込まれたくないという心理が働くため、リスティングよりもオーガニック検索(自然検索)に目が行きがちです。

その一方で、ある程度情報収集ができた段階で「一級建築士 資格 」と検索する場合は、リスティングをクリックする確率が上がると思います。この時の私の心理は、仕事に活用できる一級建築士の資格を効率よく取得したいというものです。

具体的にサービスや製品を探している比較検討段階では、特長が明確に書かれているリスティングの方が目的に合ったサイト(企業)を見つけやすく、且つ上位に掲載されていているのでクリックするという訳です。

つまり、製品やサービスを比較検討している検索ユーザーに対して、キーワードにマッチした魅力的な広告を表示してあげれば、リスティングも優良な情報の1つとしてクリックしてもらえるのではないでしょうか。

検索するのはあくまでも人間です。

検索キーワードからユーザーの気持ちを考えて広告設計を行なえば、リスティングもしっかりとクリックしてもらえ、製造業や建築業のような専門性の高い業界でも、リスティングを有効な販促手段として活用できる企業も多いのではないでしょうか。

※「リスティングでよくある質問」(全10回)の記事一覧はこちらから
ご覧いただけます。

 

お役立ちレポートダウンロード

リスティング初心者のためのFAQ集(全34ページ)

「リスティングってやってみたいけど…いまいち疑問だらけで手を出すのが不安。」

そんな悩みを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本レポートでは、実際にお客様から頂く質問の中でもとりわけよくされる10の質問をピックアップしまとめています。

無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード