Googleパーソナライズ検索で検索順位を勘違い!?

おはようございます。

本日のテーマは、「Googleパーソナライズ検索で検索順位を勘違い!?」です。

Web担当者であれば、キーワードの検索順位は気になるところだと思います。特にSEOを意識しているのであれば、なおさらその傾向はあるでしょう。

本日は、キーワードの検索順位を勘違いしてしまうGoogleパーソナライズ検索について書きたいと思います。

検索結果が違う!?

先日、私がクライアントと電話で話している時、あるキーワードでの検索順位の話になりました。ここでは仮にそのキーワードを「サイディング」とします。

クライアントのお話では、Googleで「サイディング」と検索すると、クライアントのWebサイトが1番目に出ているというので、私も自分のパソコンで「サイディング」を検索してみました。

しかし、私のパソコンでの検索結果には、1番目にも1ページ目にもクライアントのWebサイトは出てこないのです。

同じ「サイディング」というキーワードで検索したにもかかわらず、クライアントと私の検索結果が違うものになっていました。

これはなぜでしょうか?

Googleのパーソナライズ検索とは?

その原因は、Googleのパーソナライズ検索が働いているからです。

Googleパーソナライズ検索とは、アクセスしている地域や過去の検索履歴からユーザーの興味や関心を推測し、検索結果を個別にカスタマイズする検索技術です。

今回のケースでは、クライアントが「サイディング」というキーワードで検索した際に、自社のWebサイトを過去に何度かクリックしているために、検索結果が個別にカスタマイズされ、自社のWebサイトが上位に表示されているということが考えられます。

Googleアカウントにログインしている場合

GmailやGoogle+などのサービスを利用している方は、Googleアカウントにログインしている状態でGoogle検索をすることも多いのではないでしょうか。

実は、最もGoogleパーソナライズ検索の影響を受けるのが、Googleアカウントにログインしている状態でGoogle検索をする場合です。

Googleアカウントにログインして、Google検索をするとGoogleパーソナライズ検索が有効になり、個別に最適な検索結果にカスタマイズされます。

日頃からGoogleアカウントにログインしている方は、キーワードの検索順位の勘違いにご注意ください。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

では、今週も頑張りましょう。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)


もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。
「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

レポートをダウンロード