WebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているか確認する方法

おはようございます。

本日のテーマは、「WebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているか確認する方法」です。

弊社主催のセミナーに参加された企業様から、よくGoogleアナリティクスのご質問をいただきます。
基礎的な質問から高度な質問まで幅は広いのですが、本日はまず初歩の初歩で、自社のWebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているか確認する方法(Internet Explorerでの確認方法)を解説致します。

Googleアナリティクスでは、自社のWebページにサイト訪問者の情報を取得する「トラッキングコード」を埋め込むことにより、様々なデータを計測することができます。自社のWebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているかどうかを確認するには、Webページにトラッキングコードが埋め込まれているかを確認する必要があります。

トラッキングコードの確認方法(Internet Explorer

まず、ブラウザで自社のWebサイトを表示します。そしてツールバーの[表示]>[ソース]をクリックします。

表示からソース

 

すると、下記のようなウィンドウが表示されます。これがソースコードです。

ソースコード

 

ソースコードが表示されたら、ツールバーの[編集]>[検索]と進みます。

ソースコード検索

 

検索ボックスに「ga.js」と入力して、次へをクリックします。

ソース検索画面

 

WebサイトにGoogleアナリティクスが導入されている場合、該当箇所がハイライトされます。
下記のようなコード(トラッキングコード)が入っていれば、Googleアナリティクスが導入されているということになります。

GA_トラッキングコード

 

Googleアナリティクスが導入されていない場合は、「一致する項目はありませんでした」と表示されますので、GoogleアナリティクスのWebサイトからトラッキングコードを入手して、Webサイトに埋め込む必要があります。

稀に、トップページのみにしかトラッキングコードを設置していないWebサイトなどがありますが、それでは正しく計測できませんので、基本的にはWebサイトの全てのページにトラッキングコードを設置するようにしましょう。

上記のやり方の他に、[画面上で右クリック]>[ソースの表示]でもソースコードを確認することができます。自社のWebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているのかわからない方は、是非ご確認ください。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

では、今週も頑張りましょう。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

本レポートではサイト制作やリニューアル時に考えると『良い』と思われるコトをWebサイトをディレクションする側の目線でまとめました。サイト制作の技術的な話ではなく、考え方の部分にフォーカスした内容です。
サイト制作でお困りの方は、ぜひご一読ください。

※本レポートは「Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと(全7回)」のコラムを再編集したものです。

レポートをダウンロード