サイトリニューアルで予算を使い切らない

おはようございます。

先日ひさしぶりに休暇をいただきリフレッシュしてきました。
いつもと違う環境でゆっくりするのもいいものですね。
リフレッシュできたので、元気にブログも頑張っていきたいです。

では今日のテーマ「サイトリニューアルで予算を使い切らない」を書こうと思います。
セミナーで講師をしているとサイトリニューアルについてご相談を受けることがあります。

Webサイトをリニューアルしたものの期待した成果が出ずにご相談いただくことがよくあります。
会社の規模や製品は様々ですが、相談をいただくWebサイトには共通点があります。

それはサイトリニューアルで予算を使い切っているということです。そのため次の手が打ちづらいのです。サイトの修正や集客の必要性を感じても予算がなく有効な手が打てないケースが多いのです。

Web関連の予算を製作費と運営費に分けることが必要なのです。たとえば予算200万円すべてをリニューアルに費やすよりも、予算80万円でリニューアルし、残り120万円を運営費に回せば月10万円の運営費が確保できます。そのほうが柔軟に改善できWebサイトを効果的に運用することが可能です。

しかし、現状では予算を使わず、できる範囲の修正や集客施策を行いジリ貧になるWebサイトが多いように感じます。これではリニューアルできても次の手が打てません。

Webサイトの予算は制作費+運営費で考えましょう。初期投資だけで考えず、月々の運営費も考えて予算を組む必要があります。更新費用、集客費用など確保してリニューアル後の運営を行いましょう。そして、その反応を見ながら改善を進めるのです。

Webサイトは生き物です。
完成品を作って終了というのでは成果を出すことは難しいと思います。
市場変化に合わせて変化し続けるWebサイトにするには運営が不可欠です。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

本レポートではサイト制作やリニューアル時に考えると『良い』と思われるコトをWebサイトをディレクションする側の目線でまとめました。サイト制作の技術的な話ではなく、考え方の部分にフォーカスした内容です。
サイト制作でお困りの方は、ぜひご一読ください。

※本レポートは「Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと(全7回)」のコラムを再編集したものです。

レポートをダウンロード