運用型広告とは ~広告枠からパフォーマンスへ~

おはようございます。

今日のテーマは「運用型広告」です。
広告業界でこのところ話題になっているキーワードの一つです。

電通の「日本の広告費」2012年版から、新たに「運用型広告」という分類が新設されました。そのことが運用型広告に注目が集まるきっかけになったと思います。

運用型広告とはリアルタイム入札で売買されるインターネット広告のことを言います。運用型広告の代表格はgoogleアドワーズやYahooプロモーション広告です。

なぜ運用型広告が注目されるのでしょうか?

それは従来の「広告枠を買うこと」から「広告運用で成果を上げること」へネット広告が変化していることを的確に表す言葉だからです。メディアが良ければ成果が出るという考えではなく、“いかに効果を出すために広告を運用するか”がより重要になっているのです。

リスティング広告などの運用型広告で成果を上げるには広告主が自ら勉強し、研究してノウハウを高めていくことが理想です。しかし、Webの専任担当がいなかったり、自分たちで専門性の高い新しいスキルや技術についていく自信がない場合は広告会社と二人三脚で取り組むことも必要となります。どちらにも一長一短あるので自社に合った選択を行いましょう。

運用型広告の「運用」は「株式運用」に似ています。
運用のしだいで成果に大きな差が生じます。うまく運用すれば大きな成果が上がるかもしれませんが、時には失敗することもあるでしょう。

広告の目標値を設定し、目標を上回るパフォーマンスが出せるようリアルタイム入札、キーワード、広告文、リンク先、配信先端末、エリアなどを最適化し続けることが大切です。

いくら入札価格を高くしても思うように広告が表示されなかったり、広告費ばかりかかってしまうのも運用による失敗が原因かもしれません。

広告枠を買うことは運用ではありません。
広告枠を買った後の絶え間ない工夫が運用です。
そして運用によって成果に差が出てしまうのがリスティング広告の特徴です。

 

お役立ちレポートダウンロード

リスティング初心者のためのFAQ集(全34ページ)

「リスティングってやってみたいけど…いまいち疑問だらけで手を出すのが不安。」

そんな悩みを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本レポートでは、実際にお客様から頂く質問の中でもとりわけよくされる10の質問をピックアップしまとめています。

無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード