SEOとリスティングのキーワードの選び方

SEOとリスティングは、検索エンジンマーケティングにおいて重要な役割を担っています。
SEOとリスティングをうまく活用し、サイト集客を成功させたいとお考えの方は多いのではないでしょうか。

これらの成功のカギを握っているのが「キーワードの選び方」です。
それぞれどんな違いがあるのか?考えていきたいと思います。

SEOのキーワードの選び方

まずはSEOのキーワードの選び方です。

SEOは限られたキーワードを使って実施するため、リスティング以上にキーワードの選定に注意が必要です。ポイントは検索ボリュームがある程度見込めるキーワードを選ぶという点です。まずはSEOで実施しようと思っているキーワードをGoogleキーワードプランナーで検索してみましょう。あまりに検索ボリュームが少ない場合は注意が必要です。

製造業で多いのは、検索ボリュームがほとんどないキーワードでSEOを実施しているケースです。たとえ検索エンジンで上位表示されるようになったとしても、そもそも検索するユーザーが少ないため集客効果はほとんど見込めません。ロングテールのキーワードを敢えて狙ったSEOもありますが、一般的にはある程度検索ボリュームが見込めるビッグキーワードを選ばれたほうが良いのではないでしょうか。

リスティングのキーワードの選び方

続いてリスティングです。

リスティングは、検索エンジン上で広告を表示させたいキーワードに自由に入札する事が出来ます。一般的には検索ボリュームが比較的少ないミドルキーワードやスモールキーワードを幅広くカバーすることでコストを抑えながら、目的が明確なユーザーを集客しようとする考え方です。いわゆるロングテールと言われるものです。

それではビッグキーワードは登録しないほうが良いのでしょうか?

必ずしもそうとは言い切れません。

リスティングは投資対効果が計測しやすいツールです。投資対効果が見込めるビッグキーワードであればリスティングに登録していくというのも戦略の一つだと思います。

まとめ

SEOとリスティングにおいてキーワード選定はとても重要です。
それぞれの特徴を理解し、自社にとって最適なキーワードを選定してみてください。

(企画部 村上)

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)


もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。
「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

レポートをダウンロード