Web集客に役立つ、サーチコンソールの「検索アナリティクス」

「Webサイトのアクセス数を増やしたい。」

Web担当者であれば誰しもが考えることですね。しかし、これがなかなか難しい。

そこで本日はWebサイトのアクセス数アップに役立つ、サーチコンソールの「検索アナリティクス」をご紹介します。

※Google ウェブマスターツールは「Google サーチコンソール」へ名称変更しました

参考:Google ウェブマスターツールが「Google Search Console」へ名称変更しました。 

サーチコンソールに登録する

サーチコンソールの「検索アナリティクス」を使うには、前提としてサーチコンソールにWebサイトを登録しておく必要があります。

登録に費用は掛かりませんので、下記の記事を参考に登録しましょう。

参考:サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の登録方法

検索アナリティクスとは

「検索アナリティクス」とはサーチコンソールの新機能で、従来の「検索クエリ」という機能が置き換わったものです。

今までは一部のユーザーにしか提供されていませんでしたが、5月からすべてのユーザーが利用できるようになりました。

言葉が紛らわしいですが、Googleアナリティクスで見れる機能ではありませんのでご注意ください。

検索アナリティクスを使うと、自社のサイトがどれくらいの頻度でGoogleの検索結果に表示されたのかがわかります。

実際の検索アナリティクスのレポートは下記です。

検索アナリティクス

 

参考:Googleアナリティクスとの違い 

検索アナリティクスでできること

基本的な使い方を見ていきましょう。

4種類のグラフを表示

検索アナリティクスではクリック数、表示回数、CTR、掲載順位の4種類の指標をグラフ化することができます。

  • クリック数: 特定のクエリの検索結果に表示されたサイトのページをユーザーがクリックした回数。
  • 表示回数: 検索結果にサイトのページが表示された回数。
  • CTR(クリック率): 表示回数のうち、実際にクリックされてサイトへのアクセスにつながった割合。
  • 平均掲載順位: 該当するクエリの検索結果ページでのサイトの平均掲載順位。

見たい指標にチェックを入れましょう。

4種類のグラフを表示

 

データのフィルタリング

例えば、特定のクエリ(検索キーワード)だけみたい、特定のページだけ見たい、といった時はフィルタリング機能を使うと便利です。

フィルタを掛けられる項目は以下の6つです。

  • クエリ
  • ページ
  • デバイス
  • 検索タイプ
  • 日付

データのフィルタリング

ラジオボタンにチェックを入れて、「フィルタなし▼」をクリックして、フィルタを指定してください。

 

4種類のグラフとデータのフィルタリングの2つが基本的な使い方になります。

まとめ

本日はサーチコンソールの「検索アナリティクス」をご紹介しました。Webサイトのアクセス数を増やすには、ユーザーに役立つコンテンツを増やしていく以外にはありません。その施策がうまくいっているのかを「検索アナリティクス」で検証すると良いと思います。

次回は サーチコンソールの活用方法について書きたいと思います。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード