Googleマップで企業情報が間違っている時の対処方法

Googleマップで企業情報が間違っている時の対処方法Googleで社名や地域を指定する検索クエリ(新宿 ショールームなど)で検索したときに、検索結果画面にGoogleマップが表示されることがあります。スマートフォンなどで検索するときはGoogleマップがとても役に立ちますね。

しかし、稀にこのGoogleマップに表示される企業情報が間違っていることがあります。そこで、本日はGoogleマップで企業情報が間違っている時の対処方法をご紹介いたします。

検索結果にGoogleマップが表示される

下の画像は「コスモブレインズ 高田馬場」で検索したときの検索結果画面です。

下の画像は「コスモブレインズ 高田馬場」で検索したときの検索結果画面です。

画面右にGoogleマップの情報が掲載されていますね。

もしくは、Googleマップで検索(地図検索)したときも、下のように表示されます。

もしくは、Googleマップで検索(地図検索)したときも、下のように表示されます。

修正を依頼する

もし、表示されている企業情報(企業名、住所、電話番号、Webサイト)が間違っている場合は、下に表示されている[編集を提案する]をクリックして、Googleに修正を依頼することができます。

もし、表示されている企業情報(企業名、住所、電話番号、Webサイト)が間違っている場合は、下に表示されている[編集を提案する]をクリックして、Googleに修正を依頼することができます。

[編集を提案する]をクリックすると下の画面になりますので、修正個所をクリックして編集し、送信します。

[編集を提案する]をクリックすると下の画面になりますので、修正個所をクリックして編集し、送信します。

Googleマイビジネスに登録する

検索結果にGoogleマップが表示されなかったり、ショールームなどの地域密着ビジネスの場合は、Googleマイビジネス(旧Googleプレイス)に登録する方法がおすすめです。(登録は無料)

Googleマイビジネスに登録すると、Google上でビジネス情報を管理することができますし、Google+ページ(SNS)を使って、情報を発信することができます。

インターネット上で、自社の店舗やサービスを顧客に見つけてもらいやすくなりますので地域密着ビジネスをしている方は登録しておきましょう。

参考:Google マイビジネス 

Googleマイビジネスへの登録方法は、改めてご紹介いたします。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード