直帰率を改善するなら、「加重並べ替え」を活用しよう

Googleアナリティクスを使ってサイト改善をしようと思ったら、直帰率を下げようと考える方も多いのではないでしょうか。

Googleアナリティクスのランディングページレポートを見れば、どのページが直帰率が高いのかを確認することができますよね。 直帰率が高いページが特定できたら、次のステップはどのページから改善するかを考えると思います。

そこで、役に立つのが本日ご紹介する「加重並べ替え」です。

「加重並べ替え」を使うと、セッション(訪問数)を考慮して、改善するべきページ順に自動で並び替えてくれます。非常に便利な機能なので、ご存じない方はぜひお試しください。

では、手順を解説いたします。

ランディングページで直帰率が高い順に並び替える

Googleアナリティクスの左メニュの【行動】>【サイトコンテンツ】>【ランディングページ】へ進みます。

ランディングページレポートは、セッションが多いページ順に並んでいます。

ランディングページレポート

直帰率が高いページを特定したいので、直帰率が高い順に並び替えをしたいと思います。
[直帰率]の列をクリックしてください。

ランディングページの直帰率の列をクリック

これで、直帰率が高いページ順に並び順が変わりましたね。

直帰率の高い順に並び替え

直帰率が100%のページが上位に来ていますが、セッションが1とか2しかないページですね。

直帰率が高いとはいえ、1セッションしかなければ、サイトを改善した効果は限定的です。

逆に、ページ7のように直帰率が77.63%でも、733セッションあるページを改善した方が効果的ですね。

ここで「加重並べ替え」を使ってみましょう。

「加重並べ替え」を選択する

[並べ替えの種類]をクリックし、[加重]を選択します。

加重を選択

すると、セッションを考慮して、並び替えられました。

直帰率を加重並べ替え

このように「加重並べ替え」を使うと、ある程度セッションが多く、直帰率が高いページを抽出することができます。

問題ページの特定に掛ける時間が軽減された分、より改善方法を考える時間に使えそうです。

まとめ

ランディンページレポート以外にも、[集客]では[チャネル]、[すべてのトラフィック]、[すべての参照]、[キャンペーン]、[キーワード]の新規セッション率や直帰率、コンバージョン率などでも使えます。「加重並べ替え」機能は、知っていると非常に便利な機能ですので、ぜひご活用ください。

 

参考:加重並べ替え – アナリティクス ヘルプ

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード