Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと:5限目 より質の高いWebサイトを制作するための心構え

Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと:5限目 より質の高いWebサイトを制作するための心構え

前回のおさらい

Webサイトを公開する際に陥りがちな、ちょっとした勘違いをはじめ、せっかく作ったWebサイトなのだから、作りっぱなしではなくキチンと更新していきましょう…
というお話しをさせていただきました。

詳しくは前回の記事をご覧ください。

4限目 Webサイトの公開はゴールではなくスタート!

では5限目です。

Webサイトの本当のチカラを引き出すには。

例えば30万円かけて制作をして、まったく効果が感じられないWebサイトと、80万円かけて「Webからのお問い合わせが増えた」や「電話での連絡が増えた」などが体感できたWebサイト。

あなたならどちらがいいですか?

広告や展示会などの担当をされたことがある方は想像しやすいのだと思いますが、Webサイトの制作においては、いわゆる「費用対効果」という考え方が希薄なケースをよく見受けます。

発注者側がWebサイトに対してそれほど期待をかけていなかったり、効果を信じていない場合などによくあることです。

このようなケースは、Webサイトの質が上がれば効果をもたらすWebサイトに成長する、というイメージがつきにくいからなのでしょう。(通販サイトのように直接売り上げに結びつかない点も、判断を鈍らせる要因になっていますね)

Webサイトを制作する際に、「カタログのデザインや内容をそのままに」とか「今のWebサイトの内容をそのまま活かして」など、「とにかく早く安くつくって欲しい」という相談を受けることがままあります。しかし、担当者さま(あるいはその企業さま?)がそのような認識しかもっていないのであれば、Webサイトは本当の力を発揮することはできません。

それでは、どのような心構えをすれば良いのでしょうか。

「あなたの」リソースをどこまで使えますか?

まず「Webサイトは、それなりにキレイに見えて、早く安くできればいい」という認識を捨ててください。成果の出るWebサイトを作りたいのであれば、必ずある程度の「投資」は必要になります。

必要な予算が不足しているのであれば、会社に対して社内プレゼンをすることも時には必要になるでしょう。同時に、Webサイトのために自分の「時間」を割くことも、とても重要な「投資」に他なりません。

「お金を支払えば制作会社がすべて考えてくれる」というのは大きなマチガイなのです。もちろん制作会社は「プロの目線」でさまざまなアドバイスをしてくれます。しかし、自分たちの会社のコトを一番良く理解しているのは、自分たちに他ならないのです。

制作会社に対して、自分たちの会社をより良く理解してもらうために、業務や製品・サービスの説明資料を制作するなど、あなたが「今」できることを行うだけで、できあがるWebサイトの仕上がりや成果は、本当に大きく変わってきます。

Webサイトは、あなたの会社の売上や経営戦略、ブランドイメージなどを変えてしまう可能性があるのです!!

成果のでにくいWebサイトって?

今までの授業でもお話ししてきましたが、企業さまによってWebサイトを作る目的は様々ですし、目指す成果もそれぞれ異なります。
制作に入る前に、もう一度ご自分の中で思考を整理し確認することをお奨めいたします。

最後に「成果のでにくいWebサイト」の具体例を示したいと思います。

  • 使い勝手が悪く、わかりづらい(閲覧者が諦めてしまうWebサイト)
  • 企業の信頼性が感じられない。伝わってこない。
  • 製品やサービスの説明がとにかく少なかったり、競合企業との違いがわかりにくい
  • 取り扱い製品やサービスとWebサイトのデザインがかみ合っていない
  • 集客対策が不十分・不適切(そもそも人がこない)

5限目のまとめ

Webサイトを制作する「ご担当者さま」にご一考頂きたいことを書いてみました。

今回示した内容は、たしかに「ご担当者さま」おひとりで賄うのは大変なことです。
ぜひとも社内で協力をしていただける方を見つける、と同時に、一緒に悩み考えてくれる制作会社さんをパートナーにすることも非常に大事な要素だとわたしは考えています。

「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、ひとりでは考えつかないことや気づけなかったことなども、周りの協力者と話し合いをすることで、解決への糸口は見えてくるモノです。
まずはご自分で思考を整理してみることからスタートしてみてはいかがでしょうか?

さて、次回は6限目になります。
当初、この企画は6回の短期集中連載を考えていたのですが、自分の文章をまとめる能力のなさにホトホト愛想がつきます…
もう少しだけお付き合いいただけると幸いです 笑

それでは6限目「Webサイト制作の予算を考える」でお会いしましょう。

(デザイン部 山崎)

お役立ちレポートダウンロード

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

本レポートではサイト制作やリニューアル時に考えると『良い』と思われるコトをWebサイトをディレクションする側の目線でまとめました。サイト制作の技術的な話ではなく、考え方の部分にフォーカスした内容です。
サイト制作でお困りの方は、ぜひご一読ください。

※本レポートは「Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと(全7回)」のコラムを再編集したものです。

レポートをダウンロード