Googleアナリティクスのデータがカウントされない時の対処法

WebサイトにGoogleアナリティクスを設置する時、何かが原因でうまくデータがカウントされないことがあります。最近、立て続けにこの種のご質問を頂いたので、お悩みの方も多いのかな?と思い、初心者向けに3つの対処法をご紹介いたします。

①トラッキングコードが設置されていない

初歩的な事ですが、稀にこのケースがあります。 あまりにも初歩的すぎて見落としてしまっていることもあるのかもしれません。

Googleアナリティクスは、アカウントを取得しただけではデータはカウントされません。[アナリティクス設定]からトラッキングコードを取得し、計測するすべてのページ(基本は全ウェブページ)に貼り付ける必要があります。 貼り付ける場所は、終了タグ</head>の直前です。

トラッキングコードの確認方法は以下の記事を参考にしてください。

参考記事:WebサイトにGoogleアナリティクスが導入されているか確認する方法

※ユニバーサルアナリティクスの場合はコードが異なります。検索ボックスへの入力を「analytics.js」に変更して検索してください。

②トラッキングIDが一致していない

トラッキングIDとは「UA-000000-01」という文字列で、個々のトラッキングコード内に含まれている固有のIDです。

トラッキングID

Webサイトに貼り付けられたトラッキングIDとGoogleアナリティクスで見ているアカウントのトラッキングIDが異なる場合は、データがカウントされていないことがあります。 (厳密にいうと表示されているレポートが違う)

このケースはサイト改修などで別のドメインにリダイレクトしていたり、複数のGoogleアナリティクスのアカウントを持っていて、異なるアカウントやプロパティを見ている時に起こる原因です。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを確認する

Googleアナリティクスにログインし、画面上部の[アナリティクス設定]をクリックします。

プロパティの列(中央)の列の[トラッキング情報]を展開し、[トラッキングコード]をクリックします。

トラッキングコード

この画面でトラッキングIDを確認することができます。
(トラッキングコードもここから取得することができます)

ウェブサイトのトラッキング

実際にWebサイトのソースコードを見て、GoogleアナリティクスのトラッキングIDと一致しているか確認してください。

トラッキングIDが一致していない場合は、ログインしているGoogleアナリティクスのアカウントかプロパティが違っています。

③トラッキングコードの設置に失敗している

外部の制作会社へトラッキングコードの設置を依頼する過程で、コードに不要な空白が追加されたり、引用符が変わったりして正しくトラッキングコードが動作しないことがあります。

トラッキングコードをコピーする際にMicrosoft Word等のワープロソフトを使っていることが原因ですので、テキストエディタ(メモ帳)を使用しましょう。

トラッキングコードが正しく設定できているか確認するには、先ほどの[トラッキングコード]のページで確認することができます。

ステータス:データを受信しています

画面上部のステータスが、「データを受信しています」となっていれば、正常にトラッキングコードが動作しています。

「トラッキングがインストールされていません」と表示される場合は、再度トラッキングコードの貼り直しをしてみてください。

まとめ

Googleアナリティクスをはじめて導入して、うまくデータがカウントされない時は上記の3つを確認してみてくださいね。初期の導入ではこの3つでほぼ解決するとは思いますが、ごく稀にGoogleアナリティクス自体で障害がおきていることがあります。過去にも何度かあったと記憶していますが、その際はしばらく様子を見るしかないですね。Google Analyticsのフォーラムもありますので、覗いてみても良いでしょう。

最後に補足ですが、トラッキングコードを設置した直後はデータが反映されていません(リアルタイムレポートでのみ反映しますが、誰もサイトに訪れていないと当然0です)。
24時間以上経過してもデータが反映されていない時に上記の原因を疑ってください。

 

参考:ウェブ トラッキング: 設定の概要 – アナリティクス ヘルプ

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード