サイトリニューアルは根本的な解決策ではない

2014年5月27日発行号のメルマガコラムをお送りいたします。

前回のコラムでは、Webサイトの運用は「更新」と「改善」に分けられる。Webサイトの運用の目的はユーザーの問題解決であり、PDCAを回し続けることが大切です、というお話でしたね。

前回のコラムはこちらからご覧いただけます。
第2回:Webサイト運用の目的とは?

「製造業Webサイト運用の基礎」の第3回は「サイトリニューアルは根本的な解決策ではない」をお送りいたします。

今のWebサイトは不満だから、リニューアルをしよう

製造業では、これからはWebサイトをきちんと運用して、ビジネスにWebを活用していこうとWebマーケティングに取り組む企業も増えてきました。

製造業Webマーケティングは、まだまだ伸びしろがあると思っていますし、前向きに取り組む企業が増えることは個人的にも嬉しいと感じています。

しかし、新しい事に取り組むには障害が付き物です。
新製品や新技術を開発する時、社内に新しいシステムを導入する時、販売戦略が大きく変わる時と同じように、Webサイトの運用を始める時にも必ずといっていいほど障害があります。

製造業のWeb担当者に最初に訪れる障害は、今のWebサイトへの不満です。

情報が古い、見栄えが悪い、使いづらい。
このような話はよくWeb担当者からお聞きします。

中には、当時のWeb担当者が退職してしまって、状況が全くわからないといった問題を抱えている企業もあります。

このように、Webサイトの運用をスタートする以前に高いハードルが待ち受けているのが現状です。

そして、「今のWebサイトは不満だから、リニューアルをしよう」と、サイトリニューアルを検討する事も多いのではないでしょうか。

サイトリニューアルをすること自体は悪いことではありません。

中小製造業のWebサイトであれば、100ページ以下のWebサイトが多いため、一から新しいWebサイトにリニューアルした方が心機一転して良いという考え方もあるのかもしれません。

しかし、サイトリニューアルすればきちんと運用できるようになる、継続的な成果に繋がるというのは残念ながら幻想です。

サイトリニューアルしてもPDCAは回らない

サイトリニューアルは、Webサイトの運用をする上で根本的な解決策ではありません。

サイトリニューアルをすれば、きれいなデザインになりますし、ある程度のコンテンツを用意することになるので、社内や取引先から評価されることもあるでしょう。

しかし、Webサイトの見栄えが良くなることと、運用ができるようになることは別問題です。経験上、今のWebサイトで少なからず運用(更新と改善)を実践していないと、サイトリニューアルをしても結局、PDCAを回せないことが多いのです。

今後、Webサイトやその活用は製造業にとってますます重要な役割を担うことになるでしょう。

製造業Webサイトは、事業における役割を変えながら、新しいステージへと成長していかなければいけません。サイトリニューアルは本来、Webサイトの役割が変わった時点で検討されるべきことであり、見栄えが悪い、情報が古いといったことで行なわれることではありません。

サイトリニューアルや新しい施策の度に、一からやり直しではお金と時間がいくらあっても足りませんよね。

誰でも、いきなりWeb戦略の企画やサイトプランニングが出来るようになる訳ではありませんので、Web担当者(企業)は、Webサイトの運用を通じて、ノウハウを社内に蓄積し、再現性があり、精度の高い施策に反映していく必要があるのではないでしょうか。

サイトリニューアルを検討する前に、今のWebサイトでできることはないか?
ユーザーの問題を解決できないか?考えてみても良いのではないでしょうか。

まとめ

今号では「サイトリニューアルは根本的な解決策ではない」をお話させていただきました。「Webサイトの運用を通じて、ノウハウを社内に蓄積していくこと」は言うのは簡単ですが、実践することはとても難しいことですね。次回は今のWebサイトでもすぐに取り組める具体的な方法について書きたいと思います。

※「製造業Webサイト運用の基礎」の記事一覧はこちらからご覧いただけます。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード