Googleアナリティクスのデータの見方⑤ ~ コンバージョン ~

2014年4月1日発行号のメルマガコラムをお送りいたします。

「Googleアナリティクス~解析の基本~」シリーズ第8回は、「Googleアナリティクスのデータの見方⑤ ~ コンバージョン ~ 」です。

前回のコラムでは、Googleアナリティクスの行動レポートの見方を解説致しました。行動レポートはユーザーがWebサイト内でどのような行動をしているかを把握することできます。よく見られているページ、ランディングページ(入口ページ)、離脱ページ(出口ページ)の3つが基本でした。今号はデータの見方⑤ということで、コンバージョンレポートの見方を解説致します。

Googleアナリティクスのコンバージョンレポートは、左メニューの【コンバージョン】という項目で確認することができます。このコラムでも何度かお伝えしていますが、コンバージョンレポートを見るには目標設定を行なっていることが前提です。まだ目標設定をされていない方は、下記の記事を参考に設定をお勧め致します。

参考記事:Googleアナリティクスで目標(コンバージョン)を設定する方法

では、実際に見てみましょう。

 

Webサイトの成果を確認しよう

左メニューの【コンバージョン】>【目標】>【サマリー】をクリックすると、Webサイト全体の成果を確認することができます。すべての目標の完了数、コンバージョン率、各目標の完了数が表示されています。(目標は20個まで登録することができます。)この画面でのコンバージョン率はWebサイト全体のコンバージョン率となっていますので注意してください。(コンバージョン率=すべての目標の完了数÷Webサイト全体の訪問数)

画面を下にスクロールすると、左側に[目標の完了場所]と[参照元/メディア]という項目があります。[参照元/メディア]では、目標を完了した流入元がわかりますので、どの流入元が目標に貢献しているのか一目でわかりますね。[参照元/メディア]の各項目をクリックすると、集客レポートへ移動します。流入元の訪問数や直帰率などもすぐに見ることができます。

 

個別に成果を確認しよう

複数の目標を設定している場合は、個別に成果を確認しましょう。弊社では、メールマガジン登録やセミナー申込み、レポートダウンロードなど複数の目標を設定しています。少しわかりにくいのですが、画面の左上に[目標のオプション]という項目があります。このボタンをクリックすると個別の目標を選択することができます。選択後の画面では個別の目標の完了数、コンバージョン率などを確認することができます。先程と同様に[参照元/メディア]も見れますので、Webサイト全体から深掘りして見る時に便利です。

 

目標到達プロセスを確認しよう

最後は目標到達プロセスの確認です。

目標到達プロセスとは、ユーザーが目標に到達するまでに閲覧する一連のページ遷移を表したものです。目標到達プロセスは 4つの目標タイプの内、[URL の目標]に対してのみ作成できます。

例えば、目標を「メルマガ登録完了ページ」とした場合、「メルマガ登録フォーム」→「確認ページ」→「メルマガ登録完了」のページ遷移を計測することが出来ます。このレポートも目標設定の際に、オプションとなっている目標到達プロセスを入力することにより、レポートが表示されます。下記にアナリティクスのヘルプページをご紹介致します。

参考記事:目標到達プロセスを設定するためのヒント

このレポートは、中央に各ステップ(ページ)の遷移が表示されています。四角で囲まれた左部分は流入元のページ、右部分は離脱後のページとなっています。

 

まとめ

今号では、Googleアナリティクスのコンバージョンレポートの見方を解説致しました。コンバージョンレポートは目標の達成状況を見るレポートです。今までのレポートと違い、それぞれ設定が必要となります。レポートは過去に遡ることができず、設定をしてからの数字しか取ることができません。いざという時に「データがない」ということにならないように最初に設定をお勧め致します。

※「Googleアナリティクス~解析の基本~」(全10回)の記事一覧はこちらからご覧いただけます。

 

お役立ちレポートダウンロード

まずはこれだけ押さえよう!Googleアナリティクス~データの見方編~(全44ページ)

せっかくGoogleアナリティクスを導入しても、そこで提供される膨大な解析データを扱うのは簡単なことではありません。本レポートでは初心者の方にもGoogleアナリティクスをご活用いただけるよう、基本的なデータの見方をまとめました。

無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード