Googleアナリティクスにレポートの閲覧ユーザーを追加する方法

Googleアナリティクスを使っていると、他部署の人やパートナーとレポートを共有する必要性も出てきます。Googleアナリティクスではこのようなユーザー管理をレポート毎に細かく設定することができます。そこで本日は、Googleアナリティクスにレポートの閲覧ユーザーを追加する方法を解説致します。

ユーザーの追加手順

では早速手順を説明致します。

Googleアナリティクスにログインし、左下にある[管理]をクリックします。

続いて、ビューの列(一番右の列)の[ユーザー管理]をクリックします。

ユーザー一覧とアクセス権限が表示されますので、追加するユーザーの情報を入力していきます。

  1. ① 権限を付与するユーザーのGoogleアカウントメールアドレスを入力します。
  2. ② アクセス権限をクリックし、[表示と分析]にチェックを入れます。
  3. ③[このユーザーにメールで通知]にチェックを入れると、レポートが共有されたことをメールで通知します。

最後に[追加]をクリックすれば終了です。

[表示と分析]は管理やレポートの編集(アカウントやプロパティ、ビュー、フィルタ、目標などの追加や削除)はできませんので、レポートの閲覧に限定したい場合に適しています。

目標設定まで権限を付与する場合は[編集]を選びましょう。

アクセス権限について

4つのユーザー権限は以下のような内容となりますので参考にしてください。

  • ユーザー管理:アカウントのユーザーを管理できる権限です(ユーザーの追加/削除、権限の設定)。編集や共同編集の権限は含まれません。
  • 編集:管理やレポートに関連する操作(アカウントやプロパティ、ビュー、フィルタ、目標などの追加や削除。ただし、ユーザー管理を除く)や、レポート データの表示が可能な権限です。共同編集の権限も含まれます。
  • 共有設定: 個人のアセットを作成し、共有できる権限です。共有アセットが対象となります(ダッシュボードやメモの編集など)。「表示と分析」が含まれます。
  • 表示と分析: レポートの表示、データの構成、レポート内でのデータ操作(テーブルにフィルタを適用する、セカンダリ ディメンションを追加する、セグメントを作成するなど)、個人的アセットの作成と共有、共有アセットの表示を行えます。共有アセットを共同で操作することはできません。

まとめ

本日はよくあるケースのレポートの閲覧ユーザーを追加する方法を解説致しました。企業規模が大きくなると、このようなユーザー管理を行なうことも増えてきますので是非覚えておいてください。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

では、今日も頑張りましょう。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード