Googleアナリティクスのデータの見方④ ~ 行動 ~

2014年3月18日発行号のメルマガコラムをお送りいたします。

「Googleアナリティクス~解析の基本~」シリーズ第7回は、「Googleアナリティクスのデータの見方④ ~ 行動 ~ 」です。

前回のコラムでは、Googleアナリティクスの集客レポートの見方を解説致しました。集客レポートは流入元だけではなく、ユーザー行動を横串しに見ることができる活用度の高いレポートでした。今号はデータの見方④ということで、行動レポートの見方を解説致します。

Googleアナリティクスの行動レポートは、左メニューの【行動】という項目で確認することができます。行動レポートもたくさん見る部分はあるのですが、大きな目的は「ユーザーがWebサイト内でどのような行動をしているか」を把握することです。

では、実際に見てみましょう。

 

よく見られているページを確認しよう

左メニューの【行動】>【サイトコンテンツ】>【すべてのページ】をクリックしてみると、ユーザーによく見られているページを確認することができます。
レポートを見るとページビューが多い順に並んでいますね。

よく見られているページというのはユーザーが興味関心を持っているページと考えられます。多くのWebサイトではトップページや製品一覧ページなどが上位に来ていると思いますが、ユーザーがどのカテゴリーページに興味関心を持っているのか判断することができます。

上位のページを確認しておきましょう。新製品紹介のページなど特に見てもらいたいページがある場合は、そのページがどのくらい見られているかチェックしてみても良いでしょう。画面中段に検索ボックスがありますので、URLの一部を入力して検索することができます。

参考記事:Googleアナリティクスでの「訪問別ページビュー」と「ページ別訪問数」の違い

 

ランディングページを確認しよう

よく見られているページの次は、ランディングページを確認してみましょう。

ランディングページを確認するには、【行動】>【サイトコンテンツ】>【ランディングページ】を見ていきます。このレポートは訪問数が多いランディングページ順に表示されています。ここでの訪問数は閲覧開始となった訪問数を指していますので閲覧開始数と同じ意味となります。

上位のランディングページは、そのページが検索結果画面で上位に表示されていたり、ブックマークされていたり、他のサイトからリンクが貼られていたりするケースが考えられます。リスティングやバナーなど広告のリンク先として設定している場合も同様で上位に来ていると思います。

先程と同様に上位のランディングページを確認しておきましょう。上位のランディングページと合わせてチェックしておきたい指標が直帰率です。「直帰率が高い=悪いページ」という訳ではありませんが、直帰率の高いランディングページは問題点のあることも多いため確認しておくことをお勧め致します。

参考記事:Googleアナリティクスでの「ランディングページ」と「閲覧開始数」を理解する

 

離脱ページを確認しよう

ランディングページが入口ページだとすると、離脱ページは出口ページと言えます。

離脱ページを確認するには、【行動】>【サイトコンテンツ】>【離脱ページ】を見ていきます。今までとは少しレポートの雰囲気が変わり、[exit](離脱数)、ページビュー数、離脱率が表示されています。

離脱ページとは、Webサイトに訪れたユーザーが最後に閲覧したページのことです。別のサイトへ行ってしまったり、ブラウザを閉じてしまったということですね。ユーザーは最終的には必ずWebサイトから離脱してしまうのでどこかのページが必ず離脱ページとなります。

[exit](離脱数)をページビュー数で割ったものが離脱率です。離脱率も直帰率と同様に、「離脱率が高い=悪いページ」ということではなく、あくまでページの内容によって評価をする必要があります。離脱率の最上部にはWebサイト平均の離脱率が出ていますので、平均よりも離脱率が高いページを見ておくと良いと思います。

参考記事:Googleアナリティクスでの「直帰率」と「離脱率」の違い

 

まとめ

今号では、Googleアナリティクスの行動レポートの見方を解説致しました。行動レポートはユーザーがWebサイト内でどのような行動をしているかを把握することできます。よく見られているページ、ランディングページ(入口ページ)、離脱ページ(出口ページ)の3つは基本になりますので押さえておきましょう。

※「Googleアナリティクス~解析の基本~」(全10回)の記事一覧はこちらからご覧いただけます。

 

お役立ちレポートダウンロード

まずはこれだけ押さえよう!Googleアナリティクス~データの見方編~(全44ページ)

せっかくGoogleアナリティクスを導入しても、そこで提供される膨大な解析データを扱うのは簡単なことではありません。

本レポートでは初心者の方にもGoogleアナリティクスをご活用いただけるよう、基本的なデータの見方をまとめました。

無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード