問題解決力より問題発見力

おはようございます。

4月12日と19日、アクセス解析のセミナーを開催します。
どちらのセミナーも定員満員となり大変ありがたく思っています。
ますますアクセス解析への期待が高まっているように思います。

私なりにその理由を考えているのですが、Webサイトのレベルが上がってきているのも一因だと思います。
ハッキリとわかるWebサイトの問題が少なくなり、アクセス解析を使って問題発見する必要が大きくなっているのだと思います。

インターネットの普及期は競争も少なく、Webサイトを持っているだけで成果が出ていたのです。しかし、Webサイトが普及するにつれ、ユーザーの要求レベルも高くなり、比較対象となるサイトも増えてきました。

この時点ではWebサイトにハッキリとわかる問題があり、それを解決すればWebサイトは改善できました。そしていち早くその問題を解決した企業が成果を上げていたのです。

しかし成長の源泉でもある問題が減り、改善することがなくなってきたのです。
そしてライバルも実力をつけ差が少なくなり、成果を出すのが難しくなっているのです。

Webサイトに問題がなくなったのではなく、問題を見つけられないのが問題なのです。
そのことに気付いたWeb担当者が問題意識を持ってセミナーに申込まれているのかもしれません。

アクセス解析はWebサイトの現状を把握するのに良いツールです。感覚や直感で見つかる問題が少なくなり改善が難しいなら、アクセス解析が役に立つと思います。

これからは問題解決力より問題発見力が大切だと思います。
金曜日のセミナーでお会いできることを楽しみにしています。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

製造業Web担当者のためのWebサイト制作ガイド(全30ページ)

本レポートではサイト制作やリニューアル時に考えると『良い』と思われるコトをWebサイトをディレクションする側の目線でまとめました。サイト制作の技術的な話ではなく、考え方の部分にフォーカスした内容です。
サイト制作でお困りの方は、ぜひご一読ください。

※本レポートは「Webディレクターが教える、サイト制作時に考えるべき7つのこと(全7回)」のコラムを再編集したものです。

レポートをダウンロード