リスティングの掲載先、Yahoo!とGoogleどっちが良いの?

リスティングの掲載先、Yahoo!とGoogleどっちが良いの?

日本でリスティングと言えば、Yahoo!とGoogleが上げられるでしょう。日本の検索エンジンのシェアは、Yahoo!とGoogleで90%を占めており、この2つの検索エンジンを押さえれば大部分の検索ユーザーをカバーすることができます。

リスティングの掲載先もYahoo!とGoogleを考えていく訳ですが、その際によくお客様から「Yahoo!とGoogleどっちが良いの?」というご質問を頂きます。そこで、本日はリスティングの掲載先はYahoo!とGoogleどちらが良いのか?について考えていきたいと思います。

 Yahoo!とGoogleの現状

「Yahoo!とGoogleどっちが良いの?」を考える前に、検索エンジン2社の現状を把握しておきましょう。ご存じの方も多いとは思いますが念のため。

現在、Yahoo!とGoogleで同じキーワードで検索した場合、検索順位(オーガニック検索)はほぼ変わりありません。これは2010年12月より、Yahoo!がGoogleの検索エンジンのシステムを採用したからです。

Yahoo!の検索結果画面には、Yahoo!独自のコンテンツ(Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋、ヤフオク!)が差し込まれることはありますので、完全に同じという訳ではないですが検索順位は大きく変わりありません。

遅れること約1年、Yahoo!は検索エンジンのシステムに続き、リスティング(検索連動型広告)の広告配信システムもGoogleのシステムを採用しました。広告配信先やサービスは異なりますが、広告配信システムの基盤技術は同一ですので、仕組みやルール、機能などは似通ってきます。

Yahoo!とGoogleの両方が基本

検索エンジン2社の現状を理解したところで、本日のテーマに移りたいと思います。

「Yahoo!とGoogleどっちが良いの?」というご質問は、これからリスティングを始めようと思っているお客様から多く寄せられます。考え方は様々あると思います。

  • エンジニアはGoogleをよく使うからGoogleのリスティング(Googleアドワーズ)がいいのではないか?
  • お施主はYahoo!を使っている人が多いからYahoo!のリスティング(Yahoo!プロモーション広告)だけ始めよう。

このようなお話はよくお聞きしますが、Webサイトを運営している以上、その集客ツールであるリスティングも24時間、365日稼働している事が理想ですよね?自社のWebサイトを訪れるユーザーがYahoo!だけとかGoogleだけということはほぼないでしょう。リスティングの掲載先も同様で、どちらか一方だけでは機会ロスが生じてしまいます。そうならないためにも、リスティングはYahoo!とGoogleの両方を行なうことが理想だと思います。

参考記事:コスモブレインズが考えるリスティング

予算の振り分け方

Yahoo!とGoogleを両方するべきと言っても、「予算が限られていて両方できない」という方もいるかもしれませんね。

この時に予算をどのように振り分けるか?というのが1つのポイントです。
例を上げて考えてみましょう。

例えば、Web経由の見積もり依頼を増やしたいと考えてリスティングを実施するとします。この時に見積もり依頼をするユーザーはどのような人なのか?ターゲットを考えていきます。ターゲット選定の詳細は割愛しますが、最終的にはターゲットユーザーが検索しそうなキーワードを選定していきます。

検索キーワードからユーザーのモチベーションの違いを読み取ることができます。

「(製品名) 見積もり」、「(製品名) 価格」のようなキーワードで検索するユーザーは、すでに比較検討段階で見積もり依頼をする確率は高くなりそうですよね。

一方で、「(製品名) メリット」、「(製品名) 効果」のようなキーワードで検索するユーザーは、まだ情報収集段階で、いきなり見積もり依頼はしないのではないか?と考えられます。

予算の振り分け方は、Yahoo!とGoogleというような広告掲載先で考えるよりも、ユーザーのモチベーションから考えていくべきだと思います。この例でいえば、まず「(製品名) 見積もり」のようなキーワードで検索する比較検討段階のユーザーをYahoo!とGoogleの両方でカバー出来るように予算を最優先で振り分けます。さらに予算が使えるようであれば、「(製品名) メリット」のようなキーワードで検索する情報収集ユーザーへ広げていくというようなイメージです。

このような考え方で、予算を振り分けていくと機会ロスを減らすことができます。

まとめ

このようにリスティングでは検索ユーザーのモチベーションに沿って、キーワードをグルーピングし、優先順位を付けて運用していくことが大切です。「Yahoo!とGoogleどっちが良いの?」と選ぶよりは、優先度の高いターゲットから予算を振り分けていくと、目的に合致した運用ができるのではないでしょうか。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

では、今日も頑張りましょう。

 

お役立ちレポートダウンロード

リスティング初心者のためのFAQ集(全34ページ)

リスティング初心者のためのFAQ集≪2014年版≫(全34ページ)

「リスティングってやってみたいけど…いまいち疑問だらけで手を出すのが不安。」

そんな悩みを抱えていらっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本レポートでは、実際にお客様から頂く質問の中でもとりわけよくされる10の質問をピックアップしまとめています。

無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード