第1回 「BtoB」でつかえるGoogleアナリティクス(まずは基本から)

皆様こんにちは!コスモブレインズWebマーケティングチームの望月と申します。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、テレワークやWeb会議の普及をはじめ大きな転換期を迎えていますが、皆様はいかがでしょうか。
ちなみにコスモブレインズでは、この機会にテレワーク主体への移行を試みています。

コロナ禍でますます重要性を増しているのがWebサイト。
「訪問営業のかわりにWebサイトでもっとお客様を獲得できないか?」など、マーケティング担当の皆様は日々頭を悩ませていることと思います。

当ブログではWebサイトを活用したマーケティングで避けて通れないGoogleアナリティクスについて、「BtoBでつかえるGoogleアナリティクス」を3回に渡ってご紹介いたします。

「BtoB」で使えるGoogleアナリティクス(まずは基本から)

最初に注目すべきところは2つだけ。案外シンプルなんです。


Googleアナリィティクスといえば……
「成果が出ないのでモチベーションが上がらない」
「毎月報告してもほとんど同じ内容。ただ報告しているだけになってしまう。」
こんなお悩みをよくうかがいます。
もっとも、実際は「難しそうで、ほとんど見ていないんだよね……」なんて声のほうが多いかもしれません。

とにかくGoogleアナリティクスのとっつきにくさの原因は、
「機能が多すぎて、どこを見ればいいのかわからないよ!」
これに尽きると言っても過言ではありません。

そこで、まず最初にどこを見ればいいのか?その見るべきポイントをご紹介します。

 

「訪問数」と「コンバージョン数」この2つに注目!

Googleアナリティクスではそれこそ数えきれないくらいの数字が並んでいますが、まずは「訪問数」と「コンバージョン数」この2つに注目しましょう。

訪問数
「アクセス解析」というくらいですから、まずは「訪問数」に注目!

セッション

呼び方はいろいろあって、「アクセス数」と言ったり、Googleアナリティクスでは「セッション数」と言ったりします。
Webサイトは訪問してもらわないと何も生みません。
したがってマーケティング担当の重要なお仕事の一つが、この「訪問数」を増やす=「集客」ということになります。

コンバージョン数
「コンバージョン」とは「転換」の意味で、「ただの訪問者」が「何らかの意味を持つお客」に転換した数のことを指します。
要するに「お問い合わせ」だったり、「資料のダウンロード」だったり、Webサイトで目的を達成(=ゴール)した数、ということですね。

「効果は?」と問われたときに、一番わかりやすく、多ければ多いほど喜ばれる、それがコンバージョン。
(もちろん、少なければ少ないほど、何らかの手を打たなければいけません)

そんな大事な数字ですが、自らゴールを設定してあげないとデータは集計されません。
もし、あなたがまだ「コンバージョンを設定していない」のなら、細かい数字なんてどうでもいいので最優先でコンバージョンを設定してください。

 

目標を決めることから「アクセス解析」がスタートします

まずはざっくりとで構いません。訪問数やコンバージョン数の目標を決めましょう。

とあるお客様から、
「年間これだけのコンバージョンがあるのですが、これは多いのですか?少ないのですか?」
こんなご質問をいただいたことがあります。

多いか少ないか、それはビジネスの内容や、コンバージョンの内容によって変わってきます。
まずはざっくりとで構いません。貴社のビジネスに応じて目標数値を決めてみてください。
 
例えばコンバージョンの数なら、

「今年の年間売上目標は○○○○○円」⇒「年間50件はWebサイトから商談を決めたい」

⇒「Webサイトからのお問い合わせは5件に1件くらいの確率で商談が決まる」

⇒「年間250件のお問い合わせ獲得を目標に設定する」

 
訪問数なら、

「年間250件のお問い合わせを獲得したい」⇒「現状のコンバージョン率はだいたい1%」

⇒「年間25000訪問を目標に設定する」

 
こんな感じです。
何度も言いますが、はじめはざっくりとで構いませんのでとにかく目標を設定することが大事。

その目標を達成するためにGoogleアナリティクスを見る。ここからがアクセス解析のスタートです。

 

【便利なテクニック(初級)】期間「1ヶ月」を指定する簡単な方法

最後に便利なテクニックをご紹介します。

【期間「1ヶ月」を指定する簡単な方法】

Googleアナリティクスを見る際、皆様はどのくらいの期間を指定していますか?

私は1ヶ月単位でデータを見ることがほとんどですが、最初にGoogleアナリティクスを開いたときには、この期間は「過去7日間」になっていると思います。

これを「1ヶ月間」にしたいとき、いちいち「1日」と「31日」をクリックするのは面倒。
(特にノートPCなどでマウスを使用していない時など、クリックする場所が小さすぎて……)

そんな時には、日付の上、灰色の「年月」の部分をクリックすると1発で1か月の指定ができるんです。

今後、1か月の期間指定は頻繁に行うことになりますので、覚えておいて損はありません。

「知ってたよ」という方には今更ですが、案外とこの操作、お客様のところでお教えすると喜ばれることが多いのでご紹介してみました。

 
 

【Googleアナリティクスについてもっと知りたいなら、こちらの記事もご覧ください】

Googleアナリティクス~解析の基本~(全10回)のまとめ

 

【無料アクセス解析のご案内】先着3社(月)(生産財メーカー、建材メーカー限定)

一度Googleアナリティクスを見てほしい、というお客様のリクエストにお応えして、
月3社限定で無料のアクセス解析サービスを実施しています。ご希望される場合は以下ページよりお申し込みください。
無料アクセス解析のお申込みはこちら

 
さて、今回は「BtoBで使えるGoogleアナリティクス(まずは基本から)」をお送りしました。
次回は、「Googleアナリティクスの見方」のコツや「会議で伝わるレポートの作り方」などをご紹介したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。