Googleアナリティクスで社内のアクセスを除外する方法(IPアドレスの除外)

おはようございます。

本日のテーマは、「Googleアナリティクスで社内のアクセスを除外する方法(IPアドレスの除外)」です。

以前に「Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法(アドオンの除外)」という記事で、「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」というツールをご紹介致しました。今回は自分だけではなく、社内のアクセスを除外する設定をご紹介致します。

Googleアナリティクスのフィルタ設定

Googleアナリティクスで社内のアクセスを除外するには、アナリティクス設定のフィルタという機能を使います。
フィルタ設定では、下の図のイメージのように元々のデータから特定データを取り除いたり、取り出したりする時に活用することができます。

フィルタイメージ除外
特定のデータを取り除く
フィルタイメージ抽出
特定のデータを取り出す

フィルタ設定の目的

フィルタ設定の主な目的は2つあります。

正しいデータを計測するため

Googleアナリティクスのデータを100%信頼に値するデータにすることは難しいですが、マーケティングやサイト改善に活用するのであれば、最低限の設定は施し、正しいデータを計測できるようにしておくことが望ましいと言えます。

解析作業を効率化するため

企業Webサイトの規模が大きくなればなるほど、Googleアナリティクスから見たいレポートを取り出すには時間が掛かります。あらかじめ言語別や国別、事業部別などにフィルタ設定をしておけば、作業効率が格段に向上します。

社内のアクセスを除外するフィルタ設定手順

Googleアナリティクスにログインし、[アナリティクス設定]をクリックします。

コンバージョン設定1
ビューのメニューをクリックして、[新しいビューを作成]をクリックします。
※デフォルトのビューは加工せずに「新しいビュー」を作成してフィルタ設定をします。

新しいビューを作成
レポートビュー名を入力、レポートのタイムゾーンで[日本]を選択し、[ビューを作成]をクリックします。
※レポートビュー名にはわかりやすい名前を付けてください。ここでは「社内のアクセスを除外」としました。

ビューを作成
[アナリティクス設定]の画面に戻りますので、先ほど名前を付けたビューが選択されていることを確認し、[フィルタ]をクリックします。

フィルタ設定
[新しいフィルタ]をクリックします。

新しいフィルタ
[新しいフィルタを作成]をチェックし、フィルタ情報を入力します。

フィルタ情報

    • ①フィルタ名:わかりやすい名前を付けてください。ここでは「社内のIPを除外」としました。
    • ②フィルタの種類:[既定のフィルタ]をチェックし、中央の項目で[IPアドレスからのトラフィック]を選択します。
    • ③IPアドレス:アクセスを除外したいIPアドレスを入力します。

最後に[保存]をクリックします。

IP除外_完

以上で設定は終了です。

まとめ

本日は、Googleアナリティクスのフィルタ機能を使って、社内のアクセスを除外する方法(IPアドレスの除外)を解説いたしました。フィルタは設定した後のデータにだけ適用され、過去のデータにさかのぼって取得することはできませんので、早い段階で設定することをお勧め致します。

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

では、今日も頑張りましょう。

 

お役立ちレポートダウンロード

製造業Webサイト運用の基礎(全29ページ)

「Webサイトを公開したけど、なかなか思うような成果に繋がらない・・・。」

もし、そのような悩みをお持ちならWebサイトの運用に問題があるかもしれません。本レポートでは「Webサイトの運用とは何か?」「具体的に何をすれば良いの?」など、これからサイト運用に取り組まれる製造業Web担当者向けに基礎的な内容をまとめています。無料でダウンロードいただけますので是非ご活用ください。

レポートをダウンロード