製造業・建築業のSEO

検索エンジンからの流入を増やす方法は、リスティング広告とSEOの2つです。このページではそのうちの1つであるSEOについて解説致します。製造業や建築業ではどのようにSEOに取り組めばいいのか、その対策のポイントをご紹介致します。

SEOとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字の略で”検索エンジン最適化”という意味です。具体的には、GoogleやYahoo!に代表される検索エンジンにおいて、自社Webサイトを検索結果の上位に表示されるようにWebサイトを改善することです。検索結果画面の上位に表示される=サイト訪問者を増やせるため、SEOに取り組む企業は年々増えています。

SEOの考え方

SEOの本質は、“検索ユーザーと向き合い、検索ユーザーが望んでいる情報を提供すること“ではないでしょうか。SEOはとても大切でWebマーケティングに取り組んでいる企業は、少なからず行なうべきだと思います。ただ、サイト運営者が“誰と”向き合っているか?で、その手段は大きく変わっているような気がしています。

Googleなど検索エンジンのアルゴリズム(検索順位決定のルール)は、頻繁に更新され、かつ多くの要素で成り立っています。そして、そのアルゴリズムが更新される度に、検索順位は変動します。サイト運営者が、“検索エンジン”と向き合っている場合、日々の順位変動を意識するあまり、検索エンジンのアルゴリズム更新に目を光らせていなければいけません。もし検索順位が下がれば、外注のSEO業者に上位表示を指示するでしょう。その一方で“検索ユーザー”と向き合っている場合、日々の順位変動などは意識せず、検索ユーザーが望んでいる情報を考え、有益で高品質なコンテンツ作成に励んでいることでしょう。

「SEOはコンテンツが大事」、ということは、みなさんわかってはいるものの、いつのまにか“検索エンジン”と向かい合っている、ということが少なくありません。常日頃から、ユーザー視点で考える癖をつけておかないといけないかもしれません。

製造業や建築業のSEOへの取り組み方

では、専門性の高い製品やサービスを扱う製造業や建築業では、どのようにSEOへ取り組んでいけば良いのでしょうか?「SEOはコンテンツが大事」といっても、前提として、検索エンジンにわかりやすいサイト構造やソースにすること、は重要です。製造業や建築業のサイト運営者の方は、まず最低限のサイト構造や主要なHTMLタグの知識をつけておく必要があります。このサイト構造と主要なHTMLタグをきちんと最適化するだけで、ある程度の成果は出てくるものです。

特に製造業や建築業の企業が重要視するキーワードは、専門的な為、その傾向は顕著に現れます。こういった最低限の内部施策(サイト構造やHTMLタグの最適化)を行なった上で、それでも上位表示できない場合に、専門業者にお願いすればよいのではないでしょうか。

わかりやすいサイト構造を心掛ける

わかりやすいサイト構造とは、Webサイトの情報が適切に整理されているということです。情報が適切に整理されているWebサイトは、サイト訪問者に使いやすく、検索エンジンにも高く評価される傾向があります。Webサイトを制作する前にしっかりと情報設計を考えることが大切ではないでしょうか。トップページなどから製品詳細ページまでできるだけ簡単に移動できる階層構造にし、ページ間の移動もスムーズにできるように配慮しましょう。

また各ページのURLもページ内容を表す1つの情報です。ページ内容と関連した単語を含んだシンプルなURLは、検索エンジンにも親切なものとなります。

覚えておきたい3つのHTMLタグ

HTMLタグというと何か小難しそうで拒否反応を起こす方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。Webサイトを制作する上で必ず行なっている、各ページのタイトルや要約文、見出しといったものが、それに当たります。ここでは押さえておきたい3つのHTMLタグをご紹介致します。

タイトルタグ(titleタグ)

タイトルタグは、サイト訪問者にそのページのタイトルを伝える重要なHTMLタグです。ページのタイトルは、そのページを一言で言い表したものです。ページ内にあまりに多くのテーマを盛り込みすぎるとページのタイトルに困ることもあるのではないでしょうか。それは、サイト訪問者にもわかりづらいページとなってしまいますので、検索エンジンの評価も下がるという訳です。

出来る限り各ページのテーマを絞り、適切なページタイトルをつけることが大切です。また、通常検索結果ページに表示されるときに一番上の行に記載されますので、検索ユーザーが訪問するページであるか判断する上でも重要となります。

titleタグの記述例

titleタグの記述例


検索結果ページでのtitleタグの表示例

検索結果ページでのtitleタグの表示例

メタタグ(metaタグ)

メタタグは、ページのキーワードや要約文といったページ情報を伝えるHTMLタグです。メタタグの中でも重要な“description(ディスクリプション)”についてご紹介致します。

“description”は、ページの要約文を指定することが出来ます。“description”に指定したページの要約文は、検索結果ページでWebページのページタイトルの下に表示される可能性がありますので、検索ユーザーが訪問するページであるか判断する上で重要となります。必ずしも表示されるという訳ではありませんが、検索エンジンがページ内から適切な文章を見つけられなかった場合の良い備えとなります。理想を言えば、各ページに適切な“description”を用意することが望ましいと言えます。

descriptionタグの記述例

descriptionタグの記述例


検索結果ページでのdescriptionタグの表示例

検索結果ページでのdescriptionタグの表示例

見出しタグ(h1~h6)

見出しタグは、文章の階層構造をわかりやすく伝えるためのHTMLタグです。見出しのレベル(大見出し、中見出し、小見出しなど)によってh1~h6まで指定できます。ページ内の文章構造が適切であれば、サイト訪問者に読みやすく、検索エンジンにもわかりやすい(伝わりやすい)文章となるため重要な要素です。

h1タグの記述例

h1タグの記述例

簡単ではございますが、SEOのポイントをご紹介させていただきました。外部の制作会社に依頼する際、上記の点を把握しているだけでもずいぶん違ってくると思いますので、是非覚えておいて下さい。

SEOは一つの手段

SEOは、地道な一つ一つの積み重ねが大きな成果となります。上記で挙げた内部施策(サイト構造やHTMLの最適化)を行なったから、必ずしも上位表示されるという訳でもありません。中長期的に検索ユーザーと向き合い、有益な情報をわかりやすく提供し続けることが、結果として上位表示=サイト訪問者の増加につながるのではないかと思います。そして忘れてはいけないのは、SEOもWebマーケティングの一つの手段ということです。上位表示が目的となり、本来の目標が達成されなければ意味がないのではないでしょうか。