製造業のWeb集客

このページでは、製造業のWeb集客で押さえておきたいポイントをご紹介致します。
製造業の中でも素材や部品、設備などを扱う生産財企業を想定しております。

集客への意識を変える

製造業のWeb集客への取り組みは、大きく差が出ているのが現状です。積極的に取り組んでいる企業とそうでない企業ではWebサイトの成果に大きな開きが出てきています。まだまだ製造業では製品やサービスが専門的でWebでの集客はできないのではないか、向いていないのではないか、と考えている企業が多くあるようです。

その一方で積極的にWeb集客に取り組み、着実に効果を出している企業があるのも事実です。その差はどこにあるのでしょうか?ニッチな製品を扱う中小企業でもWeb集客に知恵を絞り、Webサイトを有効に活用できている企業もある中で、企業規模や企業の認知度、製品やサービスの特殊性を理由にすることはできないでしょう。

従来の営業活動や販促活動はもちろん大切ですが、顧客の情報収集手段が変化している以上、企業側の意識も変える必要があるのではないでしょうか。

キーワードの検索需要を把握する

製造業にかかわらず、Web集客を考える上で検索エンジン対策は欠かせません。検索エンジンからの集客はキーワードからの集客とも言えます。製造業の取り扱う製品やサービスは専門性が高いため、見込み客となりうるエンジニアがどのようなキーワードで検索をしているか、というキーワード選びが重要なポイントになります。

例として、駆動装置メーカーが“アクチュエーター”というキーワードと“電動アクチュエーター”というキーワードでWeb集客をするケースを考えて見ましょう。それぞれのキーワードの月間検索回数を調べるには、Googleが無料で提供しているキーワードプランナーを使って調べることができます。

“アクチュエーター”というキーワードは月間に27,100回の検索回数があり、一方で、“電動アクチュエーター”というキーワードは月間の検索回数が110回と少ないことがわかります。つまり“アクチュエーター”というキーワードではある程度の集客効果が見込め、“電動アクチュエーター”というキーワードではあまり集客効果が見込めないということです。

このようにキーワードの検索需要を調べてみるとユーザーが実際に検索している(探している)キーワードを把握することができ、適切なキーワードで集客ができるようになります。一度、自社の重要なキーワードの月間検索回数を調べてみてはいかがでしょうか。重要視しているキーワードがそこまで検索されていなかったり、意外なキーワードで検索されていたりと、現実とのギャップに気付くはずです。

色々な集客方法を試してみる

Web集客では検索エンジンの攻略が重要ですが、そうは言っても検索エンジンだけがWeb集客ではありません。検索エンジン以外でも業界の情報サイトや製品検索サイト、自社発行のメールマガジン、メールマガジン広告、YouTubeなどの動画サイト、最近話題のソーシャルメディアなど集客方法は様々です。

どの集客方法が効果的か否かは一概には言えませんが、正しい考え方は、“どのようなエンジニアにWebサイトを見てもらいたいか?” “そのようなエンジニアを集客するにはどの集客方法が適しているか?”を考えることではないでしょうか。

いまソーシャルメディアが話題だから公式ページを作る、といったような場当たり的な考えではなく、一貫したWeb戦略に基づいた集客設計をすることが大切です。もちろんWeb以外の集客方法が有効な場合もあるでしょう。

その上でいくつかの集客方法を試してみて、試行錯誤し、自社にあった集客方法を確立できれば良いと思います。そしてブックマークなどでの指名入場を増やすことができれば、安定した訪問者を獲得することが出来ると思います。

Web集客サービスを詳しく見る