製造業のアクセス解析

このページでは、製造業のアクセス解析で押さえておきたいポイントをご紹介致します。
製造業の中でも素材や部品、設備などを扱う生産財企業を想定しております。

アクセス解析にこだわりすぎない

現実的に製造業の場合、一部の企業を除いてはアクセス解析をじっくりと行なうことは難しいのではないでしょうか。担当者はWebマーケティングだけを担当しているわけではなく、広告宣伝やカタログ制作、展示会等の販促全体を見ているため、時間的制約や人的リソースの問題でできることは限られています。

その制約の中で細部までデータを追いかけることや日別や週別でデータをモニタリングしておくことは現実的ではありません。アクセス解析でできることは現状把握ですので、解析データの細部を見る前に、まずWebサイトの大まかな傾向や基本的な指標を押さえておきましょう。その上で仮説に対しての検証にデータの細部を掘り下げて見ていく方が効率的です。特に中小規模のWebサイトの場合、多大な時間をかけて、解析データから改善施策を見つけていくよりも、事前に設定した仮説に対しての検証にアクセス解析を活用した方が効率的にビジネスに活かせると思います。

新規とリピーターの違いを把握する

購入までの検討期間が長い生産財では、新規とリピーターのWebサイトでの行動の違いを把握することが大切です。情報収集段階ではじめてWebサイトを訪れたエンジニアがいきなりお問い合わせやデモの依頼をすることは稀ではないでしょうか。一般的に考えるとこの段階では、警戒心も強いため、水面下で情報収集をしているエンジニアが大半です。

このような新規訪問者に対して技術的な役立つ情報を提供してあげて、再度Webサイトに訪問してもらう仕掛け作りを考える必要があります。アクセス解析では、新規とリピーターを分けて分析ができますので、それぞれのユーザーの流入ページ(閲覧開始ページ)や参照元、よく見られているコンテンツなどを比べて見てください。Webサイトでの行動の違いがわかるはずです。

中長期のトレンドでリピーターが増えていないようであれば、新規訪問者を満足させるコンテンツが弱いのかもしれません。逆にリピーターが増えているのにデモ依頼などのコンバージョン(お問い合わせや資料請求などWebサイトの目標)に繋がらない場合は、自社の強みやメリットがエンジニアに伝わらず、競合企業に負けているのかもしれません。またリピーターは過去に訪問したことがあるユーザーですから当然、既存顧客も多くなります。

既存顧客のために用意したサポート情報などのページがきちんと読まれているか確認することも大切です。色々な状況が考えられますが、新規とリピーターを軸に分析してみると、サイト改善のきっかけが得られることがあります。

ユーザーにわかりやすいナビゲーション

製造業は完全受注生産でない限り、細かなスペックの違いなどで取り扱い製品が多くなる傾向があります。総合メーカーともなればWebサイトにすべての製品を載せることも出来ないくらいの製品点数ではないでしょうか。Webサイトへ掲載している製品が増えれば増えるほど、気を使いたいのが“ナビゲーション“です。特に製品一覧ページのような分岐ページでエンジニアが目的の製品を見つけられなかった場合、大きな機会損失となります。また製品の種類から選べるだけではなく、目的やアプリケーションなどをもとに探すことができれば、利便性は更に向上します。アクセス解析ではこのあたりを是非チェックしていただきたいと思います。

例えば、TOPページや製品一覧ページのような分岐ページから下層ページである製品詳細ページへうまく誘導ができていない場合、注意が必要です。先ほど挙げたように、エンジニアが目的の製品を見つけられない、ニーズの高い製品がページをスクロールしないと気付かない、といった原因でページから離脱しているケースが考えられます。

もしリンクボタンが型番の場合は、初めてWebサイトを訪れるエンジニアでもわかりやすい一般的な言葉で作成しておいたほうがいいでしょう。製品一覧ページのページビューと下層ページに位置する製品詳細ページのページビューを見比べてみてください。