製造業Webマーケティング

専門性の高い製造業(生産財)のWebマーケティングへの取り組み方をご紹介致します。

製造業Webマーケティングの流れとポイント

B2B(企業間取引)の中でも製造業における購買プロセスは、購入までの検討期間が長く、購買決定に関して複数のキーマンが介在するという特長があります。そのような中で企業のWebサイトはエンジニアが情報収集、比較検討をする上で欠かせないツールとなっています。

従来の対面営業やマーケティング活動(展示会、ダイレクトメール、雑誌広告など)に加えて、Webマーケティングを取り入れることが今後のビジネス拡大の大きなカギの1つになることは間違いありません。このページでは製造業が取り組むべきWebマーケティングの大きな流れと押さえておきたいポイントをご紹介致します。

まずは目的(目標)をしっかりたてること

製造業のWebマーケティングへの取り組みは、Webマーケティング(もしくはWebサイト)の目的(目標)をしっかりたてることから始まります。目的があいまいであったり、その目的が事業目標につながっていない場合、継続的な成果につながらないばかりか、多額のマーケティング予算が無駄になってしまいます。まずは、Webマーケティング(もしくはWebサイト)の目的を明確にし、関係者間で共有することが大切です。

Webサイトへの集客

製造業Webマーケティングの中心はコーポレートサイトや自社で運営する製品情報サイト(事業部サイト)などWebサイトになるでしょう。Webサイトを媒体にして情報を発信するからには、その情報の受け手がいなければいけません。その情報の受け手がWebサイトの訪問者です。

製造業Webサイトの目的の1つとして、新規見込み客の獲得(リード獲得)を考えているケースは多いでしょう。そのようなWebサイトでは、まず新規訪問者を多く集客することを考えなければいけません。どんなにすばらしいWebサイトでも訪問者が少なければ、効果は限られてしまいます。現状の集客状況を確認し、Webサイトへの訪問者が少ないようであれば、まず集客施策を考える必要があります。

製造業のWeb集客を詳しく見る

ユーザーの期待にこたえるコンテンツ

コンテンツとは、Webサイトに掲載している情報のことです。Webサイトへの訪問数がある程度確保できたら次のステップはコンテンツを充実させることです。コンテンツの充実には終わりがありません。なぜならWebサイトに訪問するエンジニアのニーズは時代とともに変化し、より深い情報を求める傾向にあるからです。
特に製造業のWebサイトでは製品やサービスの技術進歩が早いため、いち早くエンジニアの期待にこたえるコンテンツを用意することが重要になってきます。

また忘れてはいけないのは、既存のお客様に対してのサポート情報です。取引が長期化、固定化しやすい製造業では押さえておきたいコンテンツです。

製造業のWebコンテンツを詳しく見る

効果測定をしっかりすること

Webマーケティングの大きいメリットは効果測定がしっかりと出来ることです。CRMやSFAといったような大掛かりな投資をしなくても、WebサイトにGoogleアナリティクスといった無料のアクセス解析ツールを導入すれば大抵のマーケティングデータは得ることが出来ます。その解析データで集客の傾向を掴んだり、コンテンツを評価したりしてWebサイトの課題を発見し、より良いWebサイトへバージョンアップしていくことが大切です。

製造業のアクセス解析を詳しく見る