メールマガジンからの集客

メールマガジンからの集客は、メーカー自らメールマガジンを発行する方法と業界情報サイトなどが配信しているメールマガジンに広告を掲載する方法の2つがあります。製造業や建築業でもメールマガジンを活用している企業は多いでしょう。このページでは、メールマガジン集客の特徴についてご紹介致します。

メールマガジン(自社発行)

メールマガジン(自社発行)とは、自社でメールマガジンを作り、お客様へと配信するものです。

メールマガジンの読者は企業のファン層や製品やサービスを利用している既存客、過去に何かしらの接点をもったお客様となりますので、企業側としては重要な顧客と位置付けることができます。その読者の性質から集客率はメールマガジン広告よりも高い傾向がありますが、集客数はメールマガジン読者数や配信頻度により限定されます。

メールマガジン(自社発行)の成否の分かれ目は内容です。新製品の案内やキャンペーンの告知といった営業目的ばかりの内容ですと、すぐにお客様に飽きられてしまいます。業界動向やサービスに関連した豆知識などお客様にとって役に立つ内容を送ることが大切ではないでしょうか。

メールマガジン広告

メールマガジン広告とは、業界情報サイトの運営会社や出版社がそのサイト利用者(会員登録者)に送るメールマガジンの行間に掲載されているテキスト広告です。

メールマガジン広告は、ダイレクトメールに近いため、まだ自社の製品やサービスを使用していない見込み客が中心になります。その読者の性質から集客率は自社発行のメールマガジンよりも低い傾向がありますが、その一方でメールマガジン読者の属性と広告内容がマッチした場合、確度の高い見込み客を多く集客できることもあり、広告掲載先であるメールマガジン読者の属性と広告内容に大きく左右されます。

広告内容のA/Bテストで、クリック率の高い広告内容を見つけたり、クリックした訪問者のアクセス解析データなどを有効に活用しましょう。メールマガジン広告で大切なことは、適切な効果測定をきちんと行ない、親和性の高いメールマガジンや広告内容をしっかりと見極めることではないでしょうか。

コスモブレインズのメールマガジンに登録する