コスモブレインズが考えるリスティング

リスティングは素晴らしいツールだが、それだけでは限界もある

リスティングは、検索エンジンから確度の高いユーザーを、効率的にWebサイトに集客できるツールであることは間違いありません。リスティングを行なうとWebサイトの訪問数が増えるため、一時的にWebサイトからのお問い合わせは増加します。しかし、ある一定数まで到達するとそれ以上はなかなか増えていきません。

本来、リスティングはWebマーケティングの1つのツール(手段)であり、お問い合わせが継続的に増えるかどうかは、Webサイトがユーザーの期待に応えているか、ユーザーの悩みを解決できているかが重要です。ユーザーの満足度が高まることなしにお問い合わせが増え続けるという状態は長くは続きません。

Webマーケティングの戦略設計を計画する

Webマーケティングを成功に導くには、一時的なお問い合わせ数やクリック数などに一喜一憂せず、一貫したWebマーケティングの戦略設計を計画することが重要ではないでしょうか。

特に製造業や建築業のようなB2Bコーポレートサイトの場合、Webサイトで製品購入が完結することがないため、明確に費用対効果を測定することは困難です。マーケティングの目標に基づいたWebサイトの目標や適切なKPI(経過目標)を設定し、繰り返しPDCAサイクルを回していくことで、Web マーケティングの目標達成に繋がると考えています。

リスティングはWebサイトの仮説検証を行なう最適なツール

弊社が特化している製造業や建築業のWebサイトはB2C向けと比べて、まだまだ改善の余地が多く残されていると感じています。このような発展途上の Webサイトで短期的なお問い合わせアップだけを求めていくこと(=リスティング最適化)は縮小均衡路線となる危険性があり、Webマーケティングの 成長戦略の足かせになることがあります。

リスティングを実施する以前にWebサイトの改善を前提とした仮説や目標をきちんと立て、その効果をアクセス解析ツールで検証していくことが重要ではないでしょうか。

そのようなWebサイトの仮説検証を行なうツールとしてリスティングは最適であるとコスモブレインズは考えています。リスティングを使っての訪問数アップ、お問い合わせアップだけではなく、ユーザーニーズに対応したコンテンツやランディングページ最適化、Webサイトの構成などサイトリニューアルを想定した情報設計まで踏み込んでご提案いたします。

事例紹介を詳しく見る