アクセス解析

Googleアナリティクスを使ったアクセス解析サービスをご紹介いたします。

アクセス解析とは?

アクセス解析とは、Webサイトへ訪れたユーザーの行動履歴や特性、傾向などのデータを取得し、そのデータを様々な角度から分析することにより、Webサイトの改善に役立てることです。代表的なアクセス解析ツールとして、Googleが無料で提供する「Google アナリティクス」が広く使われています。

Google アナリティクス公式サイト

Google アナリティクス公式サイト

アクセス解析ツールを使ってWebサイトの現状を把握する

Webサイトを運営されているご担当者の方にとって

「毎日どれくらいの訪問者がいるのか?」
「訪問者にどのページがよく読まれているのか?」
「GoogleやYahooからどれくらいの訪問者がいるのか?」

といった情報はぜひ把握しておきたい数値ではないでしょうか?これらの数値を知ることができるのがアクセス解析ツールです。

アクセス解析ツールを導入すれば、各ページの訪問者数や検索エンジンごとの訪問者数といった様々な情報が収集できます。Googleが無料で提供している「Googleアナリティクス」というアクセス解析ツールで、実際どのような情報が収集できるのかその一部をご紹介いたします。

Googleアナリティクスから取得できる基本的なデータ

Googleアナリティクスにログインして、最初に表示されるレポートが「ユーザーサマリーレポート」です。このレポートでWebサイトの全体像を把握することができます。

Googleアナリティクス ユーザーサマリーレポート

Googleアナリティクス ユーザーサマリーレポート
※画像をクリックすると新しい画面で大きい画像を表示します。

上記の図の赤枠部分では、Webサイトに訪れたユーザーの人数や訪問回数、閲覧したページ数がわかります。

  • ・セッション…Webサイトに訪れたユーザーの訪問回数
  • ・ユーザー…Webサイトに訪れたユーザーの人数
  • ・ページビュー数(PV)…Webサイト全体で閲覧されたページ数

上記の図の青枠部分では、ユーザー1人当たりの閲覧ページ数や滞在時間、直帰率、新規訪問の割合といった訪問者の属性がわかります。

  • ・ページ/セッション…ユーザー1人当たりが閲覧したページ数
  • ・平均セッション時間…ユーザー1人当たりのサイト滞在時間の平均
  • ・直帰率…入り口となった最初の1ページ目だけを見て、他のページへ移動せずに離脱してしまう割合
  • ・新規セッション率…Webサイトを訪れたユーザーの中で新規ユーザーの割合

上記の図の緑枠部分で期間の絞り込みができるので、1か月での基本的なデータを押さえておきましょう。